May 8, 2019 / 6:37 AM / in 2 months

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数は6日ぶり反落

    [東京 8日 ロイター] - 
    <15:28> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は6日ぶり反落
    
    新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均が5日ぶりに反落。東証マザーズ指数は6
日ぶりに反落した。市場では「日経平均の連日大幅安が投資家心理を冷ましたが、全面安
商状には至っていない。好業績銘柄などは素直に買われている」(国内証券)との声が出
ている。個別では、環境管理センター        、トビラシステムズ        が高い。半面
、ジャパンインベストメントアドバイザー        、カイノス        は軟調だった。
    
    
    <14:14> 日経平均は400円超安、円高進行を警戒
    
    日経平均は下げ幅が400円超に拡大し、2万1500円台前半で推移している。市
場では「1ドル109円台まで進行した円高が警戒されている。米中通商協議の進展期待
で連休前からポジションを組んでいた投資家の投げ売りも出ている。節目の2万1500
円を割れると、一段と弱気ムードが広がる可能性もある」(国内証券)との声が出ている
。
    
    
    <11:57> 前場の日経平均は続落、全面安商状 米中摩擦の激化警戒
    
    前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比339円46銭高の2万1584円
26銭となり、続落した。前日の米国株安の流れを引き継ぎ朝方から売りが先行した。米
中貿易摩擦の激化に対する警戒は残るものの、上海株や米株先物が比較的落ち着いた値動
きとなったことから一段安は免れた。
    
    米国は2000億ドル分の中国製品に対する関税を10日に引き上げるとしており、
交渉時間の猶予はそれほど残されていない。「米中首脳会談のスケジュールを詰めた上で
通商協議に臨むのであれば関税引き上げの延期もあり得るだろうが、具体的な話がない中
で単純に延期するという可能性は低そうだ」(大和証券のチーフグローバルストラテジス
ト、壁谷洋和氏)との見方も出ている。
    
    市場では、米中協議が何とかまとまるのではないかと楽観的にとらえている向きも多
いといい、関税引き上げが実施された場合は、株式市場への強い下押し圧力になるとみら
れている。
    
    TOPIXは1.66%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2754
億円だった。東証33業種の全てが値下がりする全面安商状。値下がり率上位には空運、
精密機器、ガラス・土石製品、非鉄金属などが入った。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり286銘柄に対し、値下がりが1798銘柄、変わら
ずが55銘柄だった。
     

    <10:29> 日経平均は安値圏でもみあい、米中通商協議の先行き見極め
    
    日経平均は安値圏でもみあい、2万1500円台後半で推移している。米中通商協議
の先行きが不透明で買いが入りづらい。
    中国は劉鶴副首相が通商協議のため9─10日に訪米する予定。一方、米通商代表部
(USTR)の報道官は米東部時間10日午前0時1分(日本時間同日午後1時1分)に
関税引き上げを実施すると表明している。「急速に通商合意に向かえば一気に買い戻され
る可能性もある。10日と期限が決まっているだけに買いづらい」(国内証券)との声も
出ていた。
    
    
    <09:04> 寄り付きの日経平均は続落、米国株安など嫌気 一時300円安

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比295円68銭安の2万16
28円04銭となり、続落した。その後、下げ幅を300円超に拡大している。米中通商
協議の先行き懸念で米国株が大幅安となったことや、為替が円高方向に振れたことなどが
嫌気されている。幅広い業種が売られており、海運、精密機器、非鉄金属、機械、電気機
器などが安い。
    
    
    <08:18> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、キヤノン        
が売り買い拮抗。ホンダ        、パナソニック        が買い優勢。ソニー        は
売り優勢と主力輸出株はまちまち。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り優勢、ファナック<6954.
T>はやや売り優勢。メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三
井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り
買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below