September 9, 2019 / 1:45 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、SQ算出を控えたポジション調整か

    [東京 9日 ロイター] - 
    <10:42> 日経平均は上げ幅拡大、SQ算出を控えたポジション調整か
    
    日経平均は上げ幅拡大。2万1300円台前半で推移している。市場からは「米中が通商協議の開催で
合意したものの、先行きは読めず、上値の重さが意識される。小幅の続伸は、13日のメジャーSQ(特別
清算指数)算出日を前にした売買によるものではないか。ポジション調整のために一時的に買い上がってい
る可能性はある」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続伸、高値警戒感も
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比14円99銭高の2万1214円56銭と小幅続伸
した。その後、前営業日終値を挟んで一進一退となっている。前週までに政治リスクへの懸念がいったん後
退し、底堅さが意識される中、積極的に上値を追いかける材料もそれほどない。
    直近、急ピッチで上昇し高値警戒感も出る中、ここからは戻り売りをこなして上昇できるかがポイント
になる。業種別では、保険、その他金融、小売などが値上がり。電気・ガス、鉱業、パルプ・紙など安い。
    
    
    <08:28> 寄り前の板状況、主力輸出株はおおむね売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、キヤノン        、ソニー        
、パナソニック        が売り買い拮抗。ホンダ        は売り優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフ
ィナンシャルグループ        などメガバンクは売り買い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below