October 9, 2019 / 1:42 AM / in 14 days

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏でもみあい、半導体関連など売られる

    [東京 9日 ロイター] - 
    <10:34> 日経平均は安値圏でもみあい、半導体関連など売られる
    
    日経平均は安値圏でもみあい、2万1400円近辺で推移している。為替は1ドル=107円台で安定
的に推移しているものの、米中摩擦を巡るニュースが引き続き不安材料となっている。
    
    個別では半導体関連銘柄が売られ、ルネサスエレクトロニクス        、SUMCO        、アドバ
ンテスト        などは東証一部の値下がり率上位となっている。市場からは「昨日大幅に上昇した分の利
益確定売りが出ている。半導体セクターは米中関係の影響を受けやすい。前日に米国株市場でフィラデルフ
ィア半導体指数      が下落したことも嫌気されているもよう」(みずほ証券・投資情報部部長の倉持靖彦
氏)との声が出ていた。
    
    
    <09:04> 寄り付きの日経平均は反落、米国株安を嫌気 米中協議への懸念も
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比227円94銭安の2万1359円84銭とな
り、反落した。米中摩擦を巡るネガティブなニュースが嫌気され、米国株主要3指数が下落しており、東京
市場も大幅安で始まった。日銀によるETF(上場投資信託)買いへの思惑で下げ渋る可能性もあるが、米
中閣僚級通商協議が不調に終わる恐れもあるなか、押し目買いは入りにくく、取引時間を通じて軟調に推移
しそうだという。
    電気・ガスを除く幅広い業種が値下がり。石油・石炭、鉱業、パルプ・紙などが安い。
    
    
    <08:27> 寄り前の板状況、ソニーやファナックなど売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、パナソニック        が売り買い拮抗。ソニー        は売り優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗、ファナック        は売り優勢
。
    三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフ
ィナンシャルグループ        などメガバンクは売り買いが拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below