October 31, 2019 / 1:54 AM / 19 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、2万3000円付近での上値の重さ意識

    [東京 31日 ロイター] - 
    <10:50> 日経平均は上げ幅縮小、2万3000円付近での上値の重さ意識
    
    日経平均は上げ幅縮小、2万2900円台前半で推移している。一時上げ幅を100
円超に拡大し、2万3000円付近まで上昇したが、その後は押し戻された。為替は1ド
ル108円半ばと、やや円高方向に振れたことも上値を重くしているもよう。市場からは
「2万3000円を超えていくには、それなりの企業業績が前提となるが、現状ではそこ
まで至っていない。利益確定の売りが出ている」(SMBC信託銀行・シニアマーケット
アナリストの山口真弘氏)との声が出ていた。
    

    <09:05> 日経平均は反発、ソニーが買い気配で始まる
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比66円98銭高の2万2910円
10銭となり、反発して始まった。前日の米国株式市場が上昇したことや米企業の決算が
好調なことが株価を支える材料となっている。30日に業績見通しの上方修正を発表した
ソニー        が買い気配で始まった。アップル        の好決算も注目され、両者が市
場に与えたインパクトが大きくなっている。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、ソニーや東エレクが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、上方修正を発表したソニー        が買い
優勢となっている。米アップルの好決算を受けて、東京エレクトロン         も買い優
勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        も買い優勢だが、三井住友フィ
ナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        など銀行株は売り
優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below