February 27, 2020 / 1:34 AM / in a month

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は350円安、トランプ米大統領会見も警戒感続く

    [東京 27日 ロイター] - 
    <10:28> 日経平均は350円安、トランプ米大統領会見も警戒感続く
    
    日経平均は下げ幅拡大、前日終値から350円ほど安い2万2060円近辺を推移し
ている。トランプ大統領は2330GMT(日本時間27日午前8時30分)から新型ウ
イルスについての記者会見を行い「新型コロナウイルス感染拡大が避けられないとは思わ
ない」など述べたものの、相場に与えた影響は限定的だったという。市場では「今後も深
刻化する考えの方が優勢で、安心材料にはならない」(国内証券)との声が出ていた。


    <09:05> 寄り付きの日経平均は続落、新型ウイルスの世界的な感染拡大を警
戒
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比170円36銭安の2万22
55円83銭となり、続落した。前日の米国株式市場でダウ工業株30種とS&P総合5
00種が5日続落したことや、新型コロナウイルスの感染が5大陸に拡大したことが嫌気
されている。東証33業種では全業種が値下がりで、幅広い業種で売りが先行している。
    
    
    <08:35> 寄り前の板状況、ファナックは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        が売り買い交錯。ソニー        、パナソニック        が売り優勢。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い交錯。ファナック<6
954.T>は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い交錯となっ
ている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below