April 24, 2020 / 2:11 AM / 4 months ago

〔マーケットアイ〕株式:弱もちあい、商い細り上方修正銘柄や材料株が散発高

    [東京 24日 ロイター] - 
    <11:05> 弱もちあい、商い細り上方修正銘柄や材料株が散発高
    
    日経平均は弱もちあい。週末であることも手伝い見送り気分に支配され、商いが細っ
ている。午前11時05分現在、東証1部の売買代金は7071億9300万円と前日に
続いて2兆円割れのペースだ。市場関係者によると「模様眺めとなる中で、上方修正を発
表した銘柄や材料株が散発高し、全体を支える格好になっている」(国内証券)という。
    
    
    <10:26> 日経平均は安値圏で一進一退、1万9200円円台 週末の調整売り
    
    日経平均は安値圏での一進一退となっている。市場からは「特段の材料はない。週末
であることから、調整的な売りが出ているのだろう」(運用会社)との声が出ていた。来
週は主要企業の決算発表が本格化するほか、27日に日銀金融政策決定会合が開催される
こともあり、様子見ムードも強まりやすいという。
    
    東証33業種では空運業、証券業、鉄鋼、繊維業などの29業種が値下がり。石油・
石炭製品、医薬品、精密機器などの4業種は値上がりとなっている。
    

    <09:06> 日経平均は反落スタート、新型コロナへの警戒強まる
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比97円58銭安の1万9331円
86銭となり、反落スタート。その後も安値圏での推移となっている、
    
    前日の米国株式市場ではダウ工業株30種      以外はマイナス圏で取引を終えた。
ギリアド・サイエンシズ        の新型コロナウイルス感染症治験薬の初期臨床試験が失
敗したとの報道を受け、労働市場は感染拡大の影響から近く脱するとの楽観的な見方が後
退した。
            
    
    <08:45> 寄り前の板状況、全面的に売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
ソニー        、パナソニック        が売り優勢、キヤノン        は売り買い拮抗。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が売り優勢、三井住友フィナンシャルグループ        が買い優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below