July 13, 2020 / 7:41 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日線と25日線を上回る

    [東京 13日 ロイター] - <16:30> 日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日線と25
日線を上回る
    
    日経平均・日足はわずかな下ヒゲを伴う「中陽線」。高値引けとなり、上昇期待感を示す「陽の大引け
坊主」となった。終値は5日移動平均線(2万2531円64銭=13日)と25日移動平均線(2万24
36円80銭=同)を上回り、短期的には安心材料となりそうだ。
    
    
    <16:00> 新興株市場はしっかり、決算などの材料を手掛かりとした物色が継続
    
    新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は続伸した。市場では「東証1部での
上昇を好感し、新興株でも上値を追う展開となった。個別では、決算などの材料を手掛かりとした動きがみ
られた」(国内証券)との声が出ていた。
    
    ジャスダック平均は0.59%高で取引を終了した。個別では、テラ        、ワークマン        、
東洋合成工業        が買われた。プロルート丸光        、テクノホライゾン・ホールディングス<6629.
T>、10日に上場したSpeee        は売られた。

    マザーズ指数は0.97%高で取引を終了した。個別では、メディネット        、リボミック<4591.
T>、リボミック        が上昇したほか、メルカリ        もしっかり。アンジェス        、ステムリム
        、ソニー・プレシジョン・テクノロジー        は下落した。
    
     
    <13:24> 日経平均は高値圏で一進一退、430円高 香港・上海株高を好感
    
    後場の日経平均は高値圏で一進一退、前週末比430円ほど高い2万2700円前半での推移となって
いる。米株先物はプラス圏を横ばいで推移しているものの、東京市場のランチタイム中に上海総合指数<.SS
E>、香港ハンセン株価指数      が上値を追う展開となったことを受け、日経平均も後場連れ高になってい
るという。
    
    ただ、国内の新型コロナの新規感染者数の動向を警戒する向きも出ている。市場では「午後に発表され
る新型コロナの新規感染者数が連日の200人超となれば、利食い売りが出る可能性がある。ただ、経済活
動の停止や自粛要請がされるような雰囲気ではないので、下げは一時的となるだろう」(国内証券)との声
が聞かれた。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は急反発、米株高受け地合い好転 
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比386円44銭高の2万2677円25銭となり、急反
発した。前週末の米国株式市場が上昇したことが好感され、朝方から幅広く買いを集めた。国内の新型コロ
ナウイルス感染者数の増加が株価を抑える要因になるものの、中だるみの後は上値を追う展開となり、地合
いが好転したと感じさせている。ETFの配当金分配に絡んだ売りが一巡したことで、需給が好転したとの
指摘もあった。
    
    前週末10日の米国株式市場は上昇。米国で新型コロナ新規感染者数が連日で最多を記録し懸念は強ま
っているものの、ギリアド・サイエンシズ        のコロナ感染症治療薬が治験で良好なデータを示したこ
とが材料視された。
    
    ロイターの集計によると、12日の米国での新型コロナ感染者は少なくとも5万6229人増加。
    一方、ギリアドは10日、新型コロナ感染症の治療薬として利用されている抗ウイルス薬「レムデシビ
ル」の臨床試験(治験)で重症患者の死亡リスク低下や症状の改善が確認されたと発表した。
    
    これらを受けた日本株は、朝方から大幅上昇で始まった。中だるみの場面があったものの「米国株式の
上昇に加えて、需給面では前週懸念されていたETF配当金捻出のための売りが一巡したことが大きい。前
週末の下げもこれが背景にあったのではないか。ソニー        が年初来高値に顔合わせするなど、相場の
リード役が堅調なことも買い安心感を与えている」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京
子氏)という。
    
    TOPIXは2.02%高で午前の取引を終了した。東証1部の売買代金は1兆0833臆7900万
円。東証33業種では、鉄鋼、鉱業、空運業、海運業、非鉄金属、輸送機器などを中心に全業種が値上がり
となっている。
    
    個別では、ソニーのほかトヨタ自動車        など自動車株を中心に輸出関連株や、日本製鉄        
など景気敏感株も総じてしっかり。また、NEC        、ソフトバンクグループ        も堅調となって
いるが、指数寄与度が大きいファーストリテイリング        は小幅高にとどまった。東京エレクトロン<8
035.T>など半導体関連株の一角が安く、前週末に決算発表した安川電機        もさえない。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1933銘柄、値下がりが206銘柄、変わらずが30銘柄だった。
    
    <11:05> 日経平均は高値もみあい、新たな材料欠き上値追いに慎重
    
    日経平均は高値もみあい。引き続き堅調な地合いを保っているものの、新たな手掛かり材料に欠いてお
り、上値追いに慎重となっている。注目されていた中国株式市場も小動きで、株価を刺激する要因にはなっ
ていない。
    
    市場では「朝方の買いで前週末の米国株式市場の上昇は織り込んだ格好で、その後は様子見となってい
る」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <10:04> 日経平均は高値圏、上値の重さも共存 次の材料待ち 
    
    日経平均は高値圏。2万2600円台半ばで推移している。米国株高の流れを引き継ぐ形で朝方から買
いが先行した。東証33業種では医薬品を除く32業種が値上がりしている。
    一方、日米で新型コロナウイルスの新規感染者は増加傾向にあり、先週は2万2600円台後半から2
万2700円台前半で上値を抑えられた経緯がある。同水準での上値の重さも意識されるといい、ここを明
確に上抜けていくには追加の買い材料が必要との見方も聞かれる。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は反発、米国株高の流れ引き継ぐ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比301円00銭高の2万2591円81銭とな
り、反発した。前週末の米国株が上昇した流れを引き継ぎ、幅広い業種で買いが先行している。鉱業、鉄鋼
、海運、空運など高い。
    日米で新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向にあることから上値の重さも意識されるが、取引時
間中はプラス圏を維持するとみられている。
    
    
    <08:39> 寄り前の板状況、主力株は総じて買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。安川電機        は売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        が買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below