July 16, 2020 / 1:15 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、半導体関連株の軟化が上値抑える

    [東京 16日 ロイター] -    
    <10:00> 日経平均は弱もちあい、半導体関連株の軟化が上値抑える
    
    日経平均は弱もちあい。引き続き2万3000円が壁として意識されているものの、
大きく下押す雰囲気は感じられない。東京エレクトロン        など半導体関連株の軟化
が上値を抑える格好となっている。
    
    市場では「EUV(極端紫外線)露光装置のオランダASMが発表した受注が悪化し
たことを嫌気し、半導体関連株が軟化し上値を抑えている。このグループがしっかりして
いたら、朝方から2万3000円にトライした可能性もあった」(岡地証券・投資情報室
長の森裕恭氏)との声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落、2万3000円接近で利益確定売りが先行

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比37円54銭安の2万2907円
96銭となり、反落して始まった。前日の米国株式市場は上昇したものの、上値の目安と
して意識されている2万3000円に接近してきたことで、利益確定売りが先行する形に
なっているという。
    

    <08:50> 寄り前の板状況、ファーストリテが売り買いきっ抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        な
ど自動車株が売り優勢となる一方、キヤノン        、ソニー        などが買い優勢。
ソフトバンクグループ        も小幅ながら買い優勢だが、指数寄与度の大きいファース
トリテイリング        は売り買いがきっ抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below