for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当狙いの買いが活発化した。写真は2月、株価ボードに映るマスク姿の人。(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha )

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円58銭高の2万3221円40銭となり、反発。前日の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、週明けの配当権利最終売買日をにらんで配当権利狙いの買いが活発化し、これらに支えられる格好で株価は終始堅調に推移した。

24日の米国株式市場は荒い値動きの中、反発して取引を終えた。新規失業保険申請件数が予想以上に増加したものの、好調な新築住宅販売を受け景気回復期待が持ち直し、このところ下げていたテクノロジー株に買いが集まった。調整色を強めていたアップルAAPL.O、アマゾン・ドット・コムAMZN.O、エヌビディアNVDA.O、フェイスブック.FB.Oなど大型ハイテク株が総じて高いことが安心感を与えている。

これを受けて日本株も堅調なスタート。時間外取引で米株先物が堅調に推移したことが好感されているほか、週明けに配当権利が確定するため権利取りの動きが活発化し、株価を支える要因になった。ただ、週末であることから上値に対しては慎重で、後場は小動きになるとみる関係者が多い。

市場では「為替も安定していることに加え、配当の権利確定狙いの動きが相場を支えるのではないか。大引けは2万3200円前半程度で取引を終えると予想している」(T&Dアセットマネジメント・ストラテジスト兼ファンドマネージャーの浪岡宏氏)との声も聞かれた。

TOPIXは0.49%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9861億5500万円と1兆円台を割り込んだ。東証33業種では、ガラス・土石製品、倉庫・運輸関連業、輸送用機器などが値上がりし、精密機器、保険業などの下落が目立つ。

個別では、トヨタ自動車7203.Tが堅調なほか、ソフトバンクグループ9984.Tもしっかり。業績上方修正を発表した日本ガイシ5333.Tが急伸する一方、最終利益の見通しが赤字になると発表した西武ホールディングス9024.Tが大幅下落となるなど、業績動向が株価の明暗を分けている。

東証1部の騰落数は、値上がりが1599銘柄、値下がりが471銘柄、変わらずが105銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up