for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は戻り弱い、押し目買い意欲「確認」で底堅さも

    [東京 19日 ロイター] - 
    <11:10> 日経平均は戻り弱い、押し目買い意欲「確認」で底堅さも
    
    日経平均はマイナス圏でもみあい。2万8200円まで持ち直す場面もあったが、そ
の後は2万8000円台前半に押し戻されている。
    日経平均は前日に大幅高となったこともあって利益確定売りが先行したが、市場では
「きょうは上昇一服となっているが、前日の上げをみても押し目買い意欲は確認された。
底堅さもありそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:55> 日経平均は下げ渋り、好決算銘柄を中心に押し目買い
    
    日経平均は下げ渋り、徐々に戻す展開となっている。寄り後に500円を超す大幅な
下げとなったものの、目新しい材料が見当たらないため、それ以上に下値を探る動きにな
っていない。好決算銘柄を中心に押し目買いが入り、いったん割り込んだ2万8000円
を回復し、前日比300円安前後の水準で推移している。
    
    材料難の中で明確な方向性が見いだせないでいるが「(米国の)テーパリングがいつ
始まるかの警戒感が残る。その意味で、当面は米高官の発言が注目材料になりそうだ」(
国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落、指数寄与度が大きい銘柄が下げを先導

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比375円62銭安の2万8031
円22銭となり、反落。その後下げ幅は500円を超えた。前日に大幅高した反動に加え
、米国株安を嫌気し幅広く売られて始まった。ファーストリテイリング        、ソフト
バンクグループ        などが売り気配でスタートするなど指数寄与度が高い銘柄が下げ
を先導する格好となっている。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、トヨタなど主力銘柄に売り優勢目立つ
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        、三菱U
FJフィナンシャル・グループ        など主力株で売り優勢の銘柄が目立つ。その中で
、ソニーグループ        は買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<998
3.T>、ファナック        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up