for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、米株市場を見極めたいとのムードも

    [東京 1日 ロイター] - 
    <14:05> 日経平均は小幅安、米株市場を見極めたいとのムードも
    
    日経平均は小幅安の水準。戻り歩調となっている。TOPIXはプラスに転じた。引き続き手掛かり材
料不足となっているが、トヨタ自動車        をはじめとするバリュー株に堅調な銘柄が目立っていること
が安心感を与えているという。
    市場では「長期金利が徐々に上昇する中、休み明けとなる今晩の米国株式市場の動きを見極めたいとの
ムードもあり、上値に対して慎重になっている」(国内証券)という。
    
    
    <12:56> 日経平均はマイナス圏でもみあい、米指標で原材料不足の影響に関心
    
    日経平均はマイナス圏でもみあい。手がかりを欠いており、他市場の動向が材料視されやすいという。
週後半には米国の重要指標の発表を控えている。市場では「ひとまず連休明けの米市場の動向を見極めたい
投資家は多く、動きにくい」(国内証券)との声が聞かれた。
    米国ではきょう、5月米ISM製造業景気指数(ISM)などの発表が予定される。半導体など原材料
の供給不足が経済活動の制約になっていないかが注目される。
   
    
    <11:43> 前場の日経平均は続落、持ち高調整が中心で方向感欠く
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比166円11銭安の2万8693円97銭となり、続落
した。前日の米国株式市場は休場で材料に乏しく、月初のポジション調整やリバランスが中心で方向感を欠
く動きとなった。
    
    日経平均は朝方に反発で始まったが、マイナス圏に沈んで下げを拡大する場面もあった。ただ、相場全
体に影響しそうな材料を欠き、市場では「ポジション調整やリバランスがぶつかり合い、行ったり来たりし
ている印象」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との声が聞かれた。
    ソフトバンクグループ        やKDDI        、リクルートホールディングス        の下げが日
経平均の重しとなった一方、トヨタ自動車        やデンソー        、スズキ        などの上昇が支え
になった。

    TOPIXは0.30%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9745億6900万円と細っ
ている。東証33業種では、鉄鋼や医薬品、サービス業など22業種が下落し、鉱業や繊維業、輸送用機器
など11業種が上昇した。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが968銘柄、値下がりが1082銘柄、変わらずが139銘柄だった
。
    
    
    <10:58> 日経平均は下げ拡大、一時25日移動平均線下回る
    
    日経平均は再びマイナス圏に落ち込み、その後下げを拡大した。2万8790円付近を通る5日移動平
均線を下回り、2万8650円付近の25日移動平均線も一時、下回った。前日の米株式市場は休場で、相
場全体の材料に乏しく、市場では「一方的な方向感が出ているわけではない」(国内証券)という。
    
    
    <10:00> 日経平均は一時マイナス 米経済指標控え個別物色
    
    日経平均は2万8900円近辺で一進一退。一時マイナスに転落した。方向感に乏しく、個別に材料が
ある銘柄を物色する動きにとどまっている。
    
    今夜に米ISM製造業景気指数の公表を控えており「内容を見極めたいとのムードが広がりやすい」(
国内証券)との声が聞かれる。
    
    
    <09:09> 日経平均は反発スタート、2万9000円の上値重い

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比138円57銭高の2万8998円65銭となり、
反発してスタート。寄り付き後まもなく2万9000円を回復した。ただ、前日の米国株式市場が休場で材
料難のなか上値は重く、現在、前日の終値前後まで上げ幅を削っている。
    
    東証33業種では、鉄鋼、鉱業、非鉄金属、陸運業などの29業種が値上がり。精密機器、医薬品、情
報・通信業などの4業種は値下がりとなっている。
    

    
    <08:45> 寄り前の板状況、総じて売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ         、キヤノ
ン        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ        が売り買い拮抗、ホンダ        
が買い優勢。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗となっている。
        
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up