for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強含み、ワクチン接種拡大で底堅さ増す

    [東京 3日 ロイター] - 
    <09:50> 日経平均は強含み、ワクチン接種拡大で底堅さ増す
    
    日経平均は強含みで推移している。時間外取引で米株先物が堅調に推移していること
も追い風となった。市場では「世界的にワクチン接種の拡大で経済正常化に対する期待が
高まっている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれる。
    日本国内でもここにきて接種のスピードが加速していることに呼応して、株価の底堅
さが増したとの指摘も出ている。
    
    
    <09:05> 日経平均は反落後に切り返す、前日高値上回り基調変化を示唆

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比55円75銭安の2万8890円
39銭となり、反落してスタート。シカゴ日経平均先物にサヤ寄せする形で軟化したもの
の、売り一巡後はすかさず切り返し、戻り歩調となっている。3日連続で上値を切り下げ
のパターンにピリオドを打った格好。テクニカル面では、早くも前日高値を上回って基調
変化を示唆する動きとなるなど、地合いの好転を印象付けた。
    
    トヨタ自動車        が連日の上場来高値更新。一方、ファーストリテイリング<998
3.T>が大幅安で始まり、9時05分現在で、日経平均を約75円押し下げる要因になって
いる。

    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄は売り買いまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソフトバンクグループ        などが買い優勢となる一方で、ソニー
グループ         、東京エレクトロン        、三菱UFJフィナンシャル・グループ<
8306.T>などが売り優勢。日本製鉄        、日本郵船        などが売り買い交錯とな
るなど、主力銘柄は売り買いまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<998
3.T>、ファナック        は売り優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up