for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、朝方安値の攻防に警戒感も

    [東京 4日 ロイター] - 
    <10:10> 日経平均は安値もみあい、朝方安値の攻防に警戒感も
    
    日経平均は安値もみあい。朝方の下落からはやや持ち直している。朝方に下げの目立
った半導体関連でアドバンテスト        やSCREENホールディングス        、レ
ーザーテック        などがプラス圏に回復している。
    市場では「きょうは新たな材料も見込まれず、足元の水準を軸に膠着しそう」(国内
証券)との見方があるが、朝方の安値2万8764円を下回るようなら、下げが加速し得
るとの警戒感もあるという。
    
    
    <09:04> 日経平均は反落、米株安を嫌気 ハイテクは売り先行
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比156円69銭安の2万8901
円42銭となり、反落して始まった。前日の米国株式市場の下落を嫌気する動きが先行し
た。
    米市場では雇用関連指標などが市場予想を上回る改善となって米長期金利が上昇し、
フィラデルフィア半導体指数(SOX)が下落しており、東京市場では東京エレクトロン
        やアドバンテスト        などハイテク株で売りが先行した。
    
    一方、トヨタやホンダ、三菱UFJフィナンシャルグループは買いが先行している。
    
    <08:50> 寄り前の板状況、トヨタ・ソニーGは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        やソニーグループ<6
758.T>は買い優勢。ソフトバンクグループ        、東京エレクトロン        、ホンダ
        は売り優勢。キヤノン        は売り買い拮抗。
       
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢となっている。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が売り買い拮抗。三井住友フィナンシャルグループ        が売り
優勢。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up