for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが7連騰、ジャスダックも続伸

    [東京 15日 ロイター] - 
    <15:50> 新興市場はマザーズが7連騰、ジャスダックも続伸
    
    新興株市場では、東証マザーズ指数が7日続伸し、日経ジャスダック平均も続伸した。底堅い動きとな
る中で「個人投資家も一息つければ、活気が戻ってきそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。
    マザーズ指数は前営業日比0.49%高。セルソース        がストップ高となったほか、インフォネ
ット        も買われた。一方、プレミアアンチエイジング        がさえなかったほか、HENNGE<4
475.T>は年初来安値をつけた。
    日経ジャスダック平均は前営業日比0.16%高。テセック        、シキノハイテック        がし
っかりだった半面、日本創発グループ        やロングライフホールディング        は値を下げた。
    
    <14:10> 日経平均はもみあい、トヨタが初の1万円 「市場心理にプラス」の声
    
    日経平均は高値圏でもみあっている。後場にトヨタ自動車        の買いが強まり、同社株として初め
て1万円台に上昇した。大台を維持してしっかり推移している。市場では「好業績株の象徴。株主数も多く
、投資家心理の好転につながりそう」(国内証券)との声が聞かれた。トヨタ株は5月18日に上場来高値
を更新し、その後も急ピッチで上昇したが、1万円を前に足踏みが続いていた。
    
    
    <13:10> 日経平均は一時317円高、海外勢の買い戻しでしっかり
    
    後場の日経平均はもみあい後、上げ幅を拡大した。一時前営業日比317円12銭高の2万9478円
92銭で高値を付けた。
    
    市場では円安が追い風となっているほか、海外勢の買い戻しで地合いがしっかりしており、「インフレ
懸念がやや後退し再びグロース株が買われる展開となっている」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    個別では、東京エレクトロン        、エーザイ        、テルモ        がしっかり。ファーストリ
テイリング        、ソフトバンクグループ        、エムスリー        はさえない。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は続伸、ナスダック高と円安を好感
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比214円14銭高の2万9375円94銭となり、続伸
した。14日の米国株式市場でのナスダック高やドル/円が110円台で円安に振れていることが好感され
、値がさハイテク株を中心に買い戻しが先行した。15─16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控
える中、前引けにかけて徐々に上げ幅が縮小する展開となった。
    
    14日の米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値を更新して取引を終了。
新たな取引は手控えられ、ダウ30種は小幅安となった。
    
    日経平均は寄り付きで続伸スタートとなった後も上げ幅を拡大し、一時288円49銭高の2万945
0円29銭で高値を付けた。ナスダック高と為替の円安を好感し、ハイテク株や輸出関連株を買い戻す動き
が見られた。
    
    TOPIXも続伸し0.48%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1025億6700
万円。東証33業種では、医薬品、精密機器、金属製品などの22業種が値上がり。空運株、鉄鋼、証券業
などの11業種は値下がりとなった。
    
    岩井コスモ証券の投資情報センター長、林卓郎氏は「市場はFOMCの無難通過を見据えた動きとなっ
ており、過度なインフレ懸念は収まりつつある」との見方を示した。「先週の日本株は膠着感と出遅れ感が
強かっただけに、今週は買い戻しが活発化。ようやく方向性が出てきた」(同)という。
    
    個別では、14日の米国株式市場で、フィラデルフィア半導体指数(SOX)      が上昇したことを
受けて、東京エレクトロン        、レーザーテック        、アドバンテスト        など半導体関連株
が堅調。
    
    そのほか、ファーストリテイリング        、エムスリー        、ソフトバンクグループ        は
軟調。エーザイ        は5.37%高となった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がりが1099銘柄、値下がりが962銘柄、変わらずが128銘柄だった
。


    <11:20> 日経平均は高値圏でもみあい、ハイテク株がしっかり
    
    日経平均は一時前営業日比288円高となった後はもみあい。現在200円超高の2万9300円台後
半での推移となっている。東証33業種では、医薬品、精密機器、金属製品などの20業種が値上がり。空
運株、鉄鋼、証券業などの13業種は値下がり。値がさハイテク株中心に買い戻しが先行する展開となって
いる。
    
    市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)に対する警戒感はそれほどないものの、見極めたい投資
家は多い。FOMCを通過するまでは積極的に上値を追えない」(運用会社)との声が聞かれた。
    
    
    <10:10> 日経平均は上値追い、テクニカル面で強気に傾斜し買い仕掛けも
    
    日経平均は上値追いの展開となっている。朝方の買いが一巡した後はやや伸び悩んだものの、再び値を
上げる動きとなっている。市場では「75日移動平均線を上回ったほか、2月高値以降の右肩下がりの上値
抵抗線を突破。テクニカル面では完全に強気に傾斜した」(雨宮総研・代表の雨宮京子氏)との声が出てい
た。
    
    また、「テクニカル面の好転から、短期筋の買い仕掛けがあった様子がうかがえる。薄商いは気になる
ところだが、それが逆手に取られたようだ」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏
)といった指摘もある。
    
    
    <09:05> 日経平均は続伸、ナスダック高と円安好感 7日戻り高値を更新

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比94円23銭高の2万9256円03銭となり、続
伸してスタート。米ナスダック高や外為市場でドル/円が110円で円安に振れていることなどを好感した
。日経平均はその後も上値を追い、前日に75日移動平均線を上回ったのに続き、チャート上のポイントで
ある7日の戻り高値2万9241円20銭を更新するなど上値追いを鮮明にしている。

    
    <08:45> 寄り前の板状況、トヨタ自など主力銘柄が総じて買い優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ         、ホンダ<
7267.T>、キヤノン        、東京エレクトロン        、三菱UFJフィナンシャル・グループ        
、ソフトバンクグループ        など主力銘柄が総じて買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリ
ング        、ファナック        も買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up