for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、景気敏感からグロースに物色シフト

    [東京 18日 ロイター] - 
    <10:10> 日経平均は強もちあい、景気敏感からグロースに物色シフト
    
    日経平均は強もちあい。2万9000円前後で推移している。物色面では、トヨタ自
動車        が反落して1万円割れ。日本製鉄        などの素材関連株のほか、日本郵
船        をはじめ海運株がさえない。一方で、東京エレクトロン        など半導体関
連株が買われ、資金の流れが景気敏感株からグロース株にシフトしている。
    
    市場では「米長期金利が低下したことで、テーパリングではなく、今度はアフターコ
ロナの米景気伸び悩みを読み出したようでもある。物色対象もこれまで買われていた景気
敏感株が調整し、しばらく休んでいたグロース株に買いが向かっているようだ」(国内証
券)との声も聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均は反発、米ナスダック高好感しグロース株が上昇

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比118円41銭高の2万9136
円74銭となり、反発してスタート。米国で長期金利が低下、株式市場ではナスダックが
上昇したことなどが好感され、グロース系の銘柄に上昇する銘柄が目立つ。東京エレクト
ロン        が5月10日以来の5万円回復となっている。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄はまちまち 銀行株が売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、ソニーグループ        、東京エレクトロ
ン        、ソフトバンクグループ        が買い優勢となる一方、トヨタ自動車<7203.
T>、ホンダ        、キヤノン        が売り優勢になるなど主力銘柄は売り買いまちま
ち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優
勢、三菱UFJフィナンシャル・グループ        などの銀行株は売り優勢となっている
。
      
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up