for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時1000円超安、全面安の展開 先物主導との声

    [東京 21日 ロイター] - 
    <11:10> 日経平均は一時1000円超安、全面安の展開 先物主導との声
    
    日経平均は1000円超安となり、一時2万8000円を割り込んだ。5月20日以
来の安値水準。東証1部は値下がり銘柄数が2001と91%を占め、全面安の展開とな
っている。東証33業種はすべて値下がりしている。市場では「バリュー株もグロース株
も一緒に売られており、先物主導だろう」(国内証券)との声が聞かれた。    
    
    <10:05> 日経平均は安値圏で底ばい、反転の気配感じさせず一進一退に
    
    日経平均は安値圏で底ばい。一時、前週末比800円を超す下落となった。その後は
下げ渋っているものの、目立った買い材料が見当たらない中で反転の気配を感じさせず一
進一退の展開となっている。
    
    市場では「指数寄与度が大きいファーストリテイリング        とソフトバンクグル
ープ        が下げ止まらず、これらが全体の下落を先導する形になっている」(野村証
券・投資情報部ストラテジストの神谷和男氏)との声が聞かれた。午前10時05分現在
、この両銘柄で日経平均を約160円押し下げる要因となっている。
    
    
    <09:05> 日経平均は大幅続落、米国株式下落を嫌気し幅広く売られる

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比457円24銭安の2万8506
円84銭となり、大幅続落。前週末の米国株式市場が下落したことを嫌気し、幅広く売ら
れて始まった。寄り付き後も下値を探る動きとなり、前週末比で600円を超す下落幅と
なっている。

    
    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄はおおむね売り優勢に
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニーグループ <
6758.T>、キヤノン        、東京エレクトロン        、三菱UFJフィナンシャル・
グループ        、ソフトバンクグループ        など主力銘柄はおおむね売り優勢。指
数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も売り優勢とな
っている。一方、ホンダ        は買い優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up