for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、手掛かり欠く中で「居心地のいい水準」

    [東京 30日 ロイター] - 
    <13:03> 日経平均は小動き、手掛かり欠く中で「居心地のいい水準」
    
    日経平均は、前日終値付近での小動きが続いている。市場では「7月の決算シーズン
前でもあり、全体的に手掛かり不足」(国内証券)との声が聞かれる。
    先週の21―22日に動意があって以降、ほぼ横ばいの推移が続いているとし「売り
たい人はいったん売ったし、拾いたい人は拾った。海外の動きがない限り、居心地のいい
水準」(国内投信)という。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は小幅反発、米株高受けた上昇続かず
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円49銭高の2万8815円10銭
となり、小幅に反発した。米株高を受けて朝方に反発で始まった後、新型コロナウイルス
感染拡大への警戒感が重しとなり、徐々に上げ幅を縮小した。
    前日の米国株式市場は、ナスダック総合       が終値で過去最高値を付けた。好調
な消費者信頼感指数を受け、米アップル        などハイテク株が買われた。S&P総合
500種      は4営業日連続で最高値を更新。増配を発表したモルガン・スタンレー<M
S.N>が大きく上昇した。S&P500とダウ工業株30種      はほぼ横ばいで引けた。
    東京市場では反発スタートとなったが、徐々に上げ幅を縮小し、一時マイナスに転じ
る場面もあった。半導体関連などハイテク株はしっかりで推移。一方、景気敏感株はさえ
ない動きとなった。日経平均は、エムスリー        やソフトバンクグループ        な
どの上昇が支援した一方、ファーストリテイリング        やエーザイ        などの下
げが重しとなった。
    市場では、月末安のアノマリーは「昨日のうちに先取りする動きがあった。反発スタ
ートとなったことで消化済みとみられる」(国内証券)との見方が優勢だが、買いの勢い
は続かなかった。来月に集中する上場投資信託(ETF)分配金の換金売りへの警戒感が
重しになっているとの見方も出ていた。
    7月後半から本格化する決算シーズンや、解散総選挙が意識される中で「目先の需給
が相場を決めるわけではない。ラリーに備える時期でもある」(auカブコム証券の山田
勉マーケットアナリスト)との声も聞かれた。
    TOPIXは0.03%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0455
億3000万円と盛り上がりを欠いた。東証33業種では、上昇率上位は、ゴム製品、金
属製品、情報・通信業などで、下落率上位は空運業、小売業、鉄鋼などとなった。
    J.フロント リテイリング        が21年3─8月期の連結業績見通しを29日
に下方修正したことが嫌気されて売られ、大手百貨店は軒並み下落した。
    東証1部の騰落数は、値上がりが1033銘柄、値下がりが1027銘柄、変わらず
が126銘柄だった。
    
    
    <10:10> 日経平均は伸び悩み、月末安アノマリーを意識との声も
    
    日経平均は伸び悩み。朝方は米株高を受けてしっかりで始まったものの、買いが一巡
してから値を消した後、小幅高の水準で一進一退となっている。
    市場では「週末の米雇用統計を控え見送られる中、昨年9月から月末安が9カ月連続
で続いているアノマリーも意識されているようだ。昨日もこれを見越して下げた可能性も
ある」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声も聞かれた。
    
    一方、経済産業省が発表した5月鉱工業生産指数速報は前月比5.9%低下の94.
1となり3カ月ぶりに減少。ロイターの事前予測調査の同2.4%低下を下回ったが、株
式市場に与えた影響は限定的だったとみられる。

    
    <09:05> 日経平均は反発、米国株高を好感 高寄り後も上値追い

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比83円70銭高の2万8896円
31銭となり、反発してスタートした。米国株式市場の上昇を好感し、主力銘柄を中心に
幅広く物色された。高寄りした後も失速せず、上値を追う展開となっている。
    
    
    <08:50> 寄り前の板状況、トヨタなど主力銘柄に買い優勢多い
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、東京エレクトロン        、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8
306.T>、ソフトバンクグループ        など主力銘柄の買い優勢となる銘柄が多い。一方
、ソニーグループ        や指数寄与度の大きいファーストリテイリング        が売り
優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up