for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で推移、中国PMIの影響は限定的に

    [東京 1日 ロイター] - 
    <11:05> 日経平均は安値圏で推移、中国PMIの影響は限定的に
    
    日経平均は安値圏で推移している。立ち会い時間中に発表された財新/マークイット
の6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.3と、5月の52.0から低
下。景況改善・悪化の分岐点となる50を14カ月連続で上回る一方、市場予想の51.
8は下回ったが、これが日本株に及ぼした影響は限定的だった。朝方に比べて、下げ幅は
やや広がりながらも、大きく崩れる様子にはなっていない。
    
    
    <10:15> 日経平均は弱もちあい、模様眺め 引き続き薄商い
    
    日経平均は弱もちあい。小幅安の水準で推移しており、全体的に模様眺めとなってい
る。月初にも関わらず積極的な売買はみられず、引き続き薄商いの状態。午前10時15
分現在、東証1部の売買代金は7000億円台にとどまっている。
    
    朝方に日銀が公表した6月短観については「市場予測は下回ったものの、改善傾向が
はっきりしている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)と評価する声があった。
    
    
    <09:05> 日経平均は反発後すぐにマイナス、方向感定まらず

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比40円88銭高の2万8832円
41銭となり、反発してスタート。米株の底堅い動きを好感する形となったが、買い一巡
後は早くも前日比マイナスに転じた。その後はもみあう展開。時価水準より上値は重いと
意識されている。
    
    物色面では、主力銘柄が高安まちまち。テーマ株物色されているわけでもなく、相場
全体の方向感が定まっていない。
    

    <08:50> 寄り前の板状況、主力銘柄は売り買いまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況はソニーグループ        、ホンダ        、
東京エレクトロン        、三井住友フィナンシャルグループ        、ソフトバンクグ
ループ        が買い優勢となる一方、トヨタ自動車        、キヤノン        、三菱
UFJフィナンシャル・グループ        が売り優勢となるなど主力銘柄は売り買いまち
まち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up