for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、材料待ち 市場の関心は企業決算

    [東京 6日 ロイター] - 
    <13:15> 日経平均はもみあい、材料待ち 市場の関心は企業決算

    後場の日経平均は前営業日比100円ほど高い2万8700円近辺でもみあい。手掛
かり難の中、時間外取引の米株先物の動きに追随する展開となっている。
    
    市場では「新たな材料に欠ける中、動きづらい。市場の関心は企業決算に向かってお
り、今は様子見となりやすい」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    午後1時15分現在の東証1部の売買代金は1兆0148億1300万円。東証33
業種では、空運業、鉱業、石油・石炭製品、鉄鋼などの30業種が値上がり。医薬品、証
券業、金属製品の3業種は値下がりとなっている。
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は反発、欧州株高が支え 売買代金は1兆円割れ
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比127円62銭高の2万8725
円81銭と反発した。前日の米国市場が休場で手掛かりに乏しい中、欧州株式市場の上昇
が支えとなった。ただ、上値は重く、市場では国内での新型コロナウイルスの感染再拡大
や上場投資信託(ETF)関連の換金売りを警戒する声が聞かれた。
    
    5日の欧州株式市場は、薄商いの中STOXX欧州600種        が3日続伸。好
調なユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)を追い風に一時の下げから切り返し、最
高値まで約0.5%に迫った。
    
    海外の流れを引き継ぎ日経平均は前営業日比79円76銭高の2万8677円95銭
で寄り付いたものの、急速に上げ幅を縮小し一時マイナス圏に転落。その後は戻り歩調と
なり、小幅高水準での一進一退が継続した。
    
    国内でのコロナ感染再拡大に対する警戒感も高まっており、日本株は上値の重い展開
が続いている。「世界的にデルタ変異株の割合も増えている中で、国内では五輪での観客
受け入れの是非が決まっておらず、仕掛け売りするのも難しい」(国内証券)という。そ
のほか、週末の指数連動型ETFの分配金基準日を控え、換金売りを警戒する声も多い。
    
    TOPIXも反発し前営業日比0.53%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代
金は8564億9800万円と1兆円を下回った。東証33業種では、空運業、鉱業、石
油・石炭製品、鉄鋼などの29業種が値上がり。半面、医薬品、証券業、海運業、小売業
の4業種は値下がりした。
    
    個別では、INPEX        やENEOSホールディングス        、出光興産<5
019.T>といったエネルギー関連の一角がしっかり。5日の原油先物価格の上昇を織り込む
動きとなった。
    
    ダイキン工業        、ソフトバンクグループ        、ファーストリテイリング<9
983.T>もしっかり。中外製薬        、アステラス製薬        、ネクソン        はさ
えなかった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1313が銘柄、値下がりが687銘柄、変わらずが
178銘柄だった。
    
    
    <10:08> 日経平均は小幅高、材料乏しく「盛り上がり欠く」
    
    日経平均は小幅高の水準でもみあいとなっている。小幅反発で寄り付いた後に一時マ
イナス転換したがプラスに切り返し、上げ幅を徐々に拡大している。市場では「売り材料
はないものの、買い進む材料もなく、盛り上がりに欠ける」(国内証券)との声も聞かれ
る。
    ソフトバンクグループ        とファーストリテイリング        はしっかり。朝方
に上値の重かったトヨタ自動車        やホンダ        、半導体関連の一角は小幅なが
らプラスに切り返した。業種別では、上昇率上位が鉱業、石油・石炭製品、空運業、鉄鋼
、下落しているのは証券業、電気・ガス業、医薬品、小売業など6業種。
    
    
    <09:08> 日経平均は反発スタート、上値は重い

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比79円76銭高の2万8677円
95銭となり、反発して始まった。前日の欧州株式市場の上昇を好感する形となった。寄
り付き後には上げ幅を縮めており、上値は重い。
    指数寄与度の大きいソフトバンクグループ        はしっかり。ファーストリテイリ
ング        もプラス圏で推移している。三菱UFJフィナンシャル・グループ        
などメガバンクもプラス圏。一方、トヨタ自動車        やホンダ        は小安い。
    セクター別では、石油・石炭製品、鉱業、鉄鋼が高い一方、金属製品、医薬品、化学
工業が安い。
    
    
    <08:48> 寄り前の板状況、ソフトバンクGとファーストリテは売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況はトヨタ自動車        とソニーグループ<675
8.T>が買い優勢。ホンダ        、東京エレクトロン        、ソフトバンクグループ<9
984.T>は売り買い拮抗となっている。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買
い拮抗。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗となっ
ている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックスで“IMO”と
入力)

    
 (  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up