for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、米大手ハイテク決算を前に手掛けにくさも

    [東京 25日 ロイター] -   
    <13:05> 日経平均は下げ渋り、米大手ハイテク決算を前に手掛けにくさも
    
    日経平均は後場に入って、前引け時点より下げ幅を縮めて始まり、下げ渋っている。
ただ、持ち直しの動きは鈍く、引き続き上値は重い。上海市のロックダウン(都市封鎖)
が長引いている中国株やWTI原油先物が軟調となっており「景気減速への警戒感が重し
になっている」(国内証券)との見方が出ている。
    今週は、5月3─4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)にかけて当局者の発言が
規制される「ブラックアウト」期間となる。一方、米グーグルの持ち株会社アルファベッ
トやマイクロソフトなど米大手ハイテク企業の決算が集中することか
ら、米株市場の反応が日本株に波及しかねないとの警戒感もくすぶっている。
    先週にはネットフリックスが決算発表後に大幅安となった経緯もあり、市場
では「投資家は弱いガイダンス(業績見通し)に敏感になっている。少なくとも決算シー
ズンとFOMCを通過するまでは、身動きが取りにくくなりそうだ」(別の国内証券)と
の声が出ていた。
    
    
    <11:55> 前場の日経平均は大幅に続落、米金融引き締めへの警戒感が重し
    前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比526円56銭安の2万6578円7
0銭と、大幅に続落して午前の取引を終えた。前週末の米株安を嫌気する形で朝方に安く
始まった後、安値圏でのもみあいが続いた。米国の金融引き締めへの警戒感がくすぶり、
相場の重しとなった。
    日経平均は400円超安で始まった後も下げを拡大し、一時617円42銭安の2万
6487円84銭の安値をつけた。いったん下げ幅を縮小する場面もあったが長続きせず
、安値圏でもみあった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を5月3―4日に控え、米金
融政策の引き締めへの警戒感がくすぶった。
    
    東証33業種のうち32業種が下落。東証プライム市場の値下り銘柄は9割近くにな
った。半導体関連や電子部品といったグロース(成長)株が弱かったほか、資源株が軟調
だった。
    足元では企業決算シーズンに入り、弱気の業績見通しが示される「ガイダンスリスク
」が警戒されている。大型連休を控えているほか、日米の中央銀行の会合を見極めたいと
のムードもあり「積極的なポジションを取りにくい」(国内証券)という。
    一方、市場では「日銀は金融緩和を継続しており、経済政策も期待される。円安を悪
く捉えれば別だが、企業業績にはプラスに働く。日本株を売る理由はあまりない」(しん
きんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との見方も聞かれた。
    TOPIXは1.58%安の1875.13ポイントで午前の取引を終了。東証プラ
イム市場の売買代金は1兆2336億0600万円だった。東証33業種では32業種が
下落し、値下がり率上位に鉱業や空運業、海運業などが並んだ。値上がりは水産・農林業
の1業種だった。
    
    値がさのファーストリテイリングやソフトバンクグループが軟調だ
ったほか、TDK、ファナック、アドバンテストもさえなかっ
た。一方、日本ハムはしっかり。東京エレクトロンやNTTは
小高い。
    
    東証プライム市場の騰落数は、値上がりが197銘柄(10%)、値下がりは159
9銘柄(87%)、変わらずは42銘柄(2%)だった
    
    
    <10:50> 日経平均は安値もみあい、ディフェンシブに「底堅さ」も
    
    日経平均はきょうの安値圏でもみあいとなっている。いったん下げ幅を縮小する場面
があったが、上値は重い。
    半導体関連や電子部品といったハイテク株の下げが目立つ一方、水産・農林や医薬品
、食品といったディフェンシブ銘柄の下げは小幅で底堅いともみられており「グロース(
成長)株からディフェンシブへの資金シフトもありそうだ」(国内証券)との声が聞かれ
た。
    東証33業種では、全業種が下落。値下がり率上位には鉱業や空運業、機械などが並
ぶ。東証プライム市場の騰落数は、値上がりが140銘柄(7%)、値下がりは1655
銘柄(90%)、変わらずは43銘柄(2%)となっている。
    
     
    
    <09:50> 日経平均が下げ渋り、2万7000円以下の水準で割安感が台頭
    
    日経平均は下げ渋りの展開。朝方は、米国におけるさらなる利上げに対する懸念から
幅広く売られたものの、売り一巡後は引き戻しに転じた。日経平均の2万7000円割れ
の水準では割安感が台頭するという。
    
    市場では「日経平均で2万7000円を下回ると、PER12倍台まで低下、過去の
平均レンジの下限にあたり、底堅くなる傾向がある。加えて、円安で輸出関連株の業績に
対する期待感も支える要因になりそうだ」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)と
の声が聞かれた。
    
    
    <09:05> 日経平均が大幅続落、米国株の下落を嫌気し売り優勢

    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比412円78銭安の2万6692
円48銭と、大幅続落してスタート。前週末22日の米国株式市場が下落したことが嫌気
され、全体的に売り優勢となっている。引き続き米金利上昇に対する警戒感が強い上に、
大型連休が接近していることで積極的な買いが入りにんくいという。安寄り後も下値模索
となり、前週末比で500円を超す下落となった。
    
    トヨタ自動車が売り気配でスタート。東京エレクトロンなど指数寄
与度が高い半導体関連株が売り優勢となっている。
    
    
    <08:20> 寄り前の板状況、月島機械が買い優勢 富士通ゼネラルは売り優勢
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢
   
     銘柄名                    騰落   MID気   買気   売気配  終値
                               率     配      配             
  1  月島機械                    30%   1,310  1,310   1,310   1,010
  2  立川ブラインド工業 <7989    27%   1,425  1,425   1,425   1,125
     .T>                                                     
  3  システムサポート <4396.T    25%   1,258  1,258   1,258   1,006
     >                                                       
  4  日本テレビHLDG <9404    24%   1,527  1,527   1,527   1,227
     .T>                                                     
  5  サトーHLDG              23%   2,131  2,131   2,131   1,731
  6  日本電設工業                23%   1,950  1,950   1,950   1,589
  7  四国化成工業                22%   1,611  1,611   1,611   1,316
  8  やまびこ                    19%   1,700  1,699   1,700   1,430
  9  サイボウズ                  18%   1,490  1,489   1,490   1,257
 10  アバント                    18%   1,370  1,369   1,370   1,162
    
    売り優勢
   
     銘柄名                        騰落   MID気   買気配  売気   終値
                                   率     配              配     
  1  富士通ゼネラル                 -22%   1,825   1,825  1,825  2,325
  2  カゴメ                         -21%   2,560   2,560  2,560  3,260
  3  東邦チタニウム                 -20%   1,197   1,197  1,197  1,497
  4  福山通運                       -20%   2,860   2,860  2,860  3,560
  5  パーソルHLDG               -19%   2,090   2,090  2,090  2,590
  6  三ツ星ベルト                   -18%   1,624   1,624  1,624  1,983
  7  アズビル                       -18%   3,285   3,285  3,285  3,985
  8  スズケン                       -17%   3,180   3,180  3,180  3,810
  9  カナミックネットワーク <3939   -16%     418     418    418    498
     .T>                                                         
 10  BEENOS                   -15%   1,621   1,620  1,621  1,903
 

    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up