for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが小幅続伸、前日安値で底打ち感も

    [東京 11日 ロイター] - 
    <15:10> 新興株式市場はマザーズが小幅続伸、前日安値で底打ち感も
    
    新興株式市場は、マザーズ総合が小幅続伸した。市場では「プライム市場と同様、好
決算銘柄に投資家の関心が向いている」(国内証券)との声が聞かれる。前日に付けた年
初来安値634.62ポイントでマザーズ総合は底打ち感が出た印象だ。
    
    マザーズ総合は前営業日比0.95%高の660.76ポイント。個別では、メルカ
リ、グローバルウェイ、フリーなどがしっかりだが、プレイド
がストップ安となり、モイも大幅下落した。
    
      
    <14:05> 日経平均は強もちあい、トヨタ減益予想は相場全体に影響せず
    
    日経平均は強もちあい。2万6200円台で推移している。トヨタ自動車が
今期は減益になるとの決算見通しを発表したものの、これが相場全体に影響を及ぼすこと
はなかった。
    
    市場では「トヨタショックにはならない一方、時間外取引で米株先物が堅調に推移し
ていることが日本株を押し上げる要因になっている」(国内証券)との声が聞かれる。
    
    
    <12:45> 後場の日経平均はプラス圏でもみあい、トヨタ自の決算待ち

    後場の日経平均はプラス圏でもみあい。足元の株価は前営業日比50円超高の2万6
200円台半ばを推移している。午後1時25分にトヨタ自動車の決算発表を控
え、徐々に様子見ムードが強まっている。
    朝方の日経平均は163円84銭安の2万6003円26銭で安値をつける場面があ
った。市場では「心理的節目の2万6000円割れを回避できたため、下値の堅さに対す
る安心感がある」(国内証券)との声が聞かれる。
    TOPIXは0.30%超安の1855ポイント近辺を推移している。東証33業種
では、保険業、パルプ・紙、銀行業などの22業種が値下がり、海運業、鉄鋼、その他製
品などの11業種は値上がり。
    
    
    
    <11:50> 前場の日経平均は反発、イベント待ちで方向感に欠く値動き
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日82円73銭高の2万6249円83銭
と、反発した。前日の米国市場が不安定な値動きとなり、日経平均もプラス圏とマイナス
圏を行き来する方向感に欠く展開となった。きょうは取引時間中の午後1時25分にトヨ
タ自動車の決算発表を控えているほか、米国で4月の消費者物価指数(CPI)
が公表されるため、様子見姿勢が強かった。
    
    10日の米国株式市場は荒い値動きの中、S&P総合500種とナスダック総
合が上昇し、ダウ工業株30種が下落した。米国債利回りの低下を受け、
前日に売られた大型成長株が買われ、銀行株が売られた。
    日経平均は寄り付きで3日続落した後、163円84銭安の2万6003円26銭で
安値をつけた。その後は前日終値近辺での一進一退の値動きが続いたが、時間外取引の米
株先物とアジア株のしっかりとした値動きを受け、前場終盤ではプラス圏で落ち着いた動
きとなった。
    市場では「昨日の日本株急落の動きで、投資家はいったん売り切った。目先の下値は
堅いとみている」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    TOPIXは3日続落し0.27%安の1857.35ポイントで午前の取引を終了
。東証プライム市場の売買代金は1兆5675億0300万円だった。東証33業種では
、保険業、パルプ・紙、銀行業、石油・石炭製品などの22業種が値下がり。海運業、鉄
鋼、精密機器などの11業種は値上がりした。
    
    個別では、東京エレクトロン、ファーストリテイリング、ダイキン
工業などの値がさ株がしっかり。第一三共、ソフトバンクグループ<998
4.T>、太陽誘電は売られた。
    前日に企業決算を発表した任天堂、ソニーグループはともに2%超
高となった。
    
    プライム市場の騰落数は、値上がり636銘柄(34%)に対し、値下がりが112
9銘柄(61%)、変わらずが68銘柄(3%)だった。
    
    
    <11:10> 日経平均はプラス圏、材料待ちで手控えムード

    日経平均はプラス圏を推移している。足元の株価は前営業日比100円超高の2万6
200円台半ば。市場では「イベント待ちで様子見ムードが強い。追加の材料が必要」(
国内証券)との声が聞かれる。きょうは取引時間中の午後1時25分にトヨタ自動車<720
3.T>の決算発表を控えているほか、米国で4月の消費者物価指数(CPI)が公表される
。
    
    午前11時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆3859億7000万円。東証
33業種では、保険業、パルプ・紙、銀行業などの22業種が値下がり、海運業、精密機
器、鉄鋼などの11業種が値上がりとなっている。
    
      
    <10:06> 日経平均は一進一退、米CPI待ちのムードに

    日経平均は前日終値を挟んだ一進一退となっている。朝方には心理的節目2万600
0円に接近するまで下げる場面があったが、その後は一時小幅高に持ち直すなど、方向感
を欠く動きとなっている。市場では「決算を材料とした売買はみられるが、基本的には米
CPIを見極めたいムードが強い」(国内証券)との声が出ている。
    
    東証33業種では、値上がりは鉄鋼や海運業、精密機器など6業種で、値下がりはパ
ルプ・紙や非鉄金属、石油・石炭製品など27業種。東証プライム市場の騰落数は、値上
がりが487銘柄(26%)、値下がりは1282銘柄(70%)、変わらずは61銘柄
(3%)となっている。
        
    
    <09:10> 日経平均は続落スタート、米CPIを警戒 買い戻しでプラス転換
も
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比121円72銭安の2万6045
円38銭と、続落でスタートした。米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて警戒感が
重しとなった。その後、短時間で買い戻されて一時プラス転換し、前日終値付近での推移
となっている。
    主力株はトヨタ自動車が小安い。東京エレクトロンなど半導体装置
関連株は堅調。前日に決算を発表したソニーグループはしっかりな一方、任天堂
は横ばい圏となっている。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリングはしっかり、ソフトバンクグル
ープは小安い。
    
    
    <08:27> 寄り前の板状況、大末建設が買い優勢 関西ペイントは売り優勢 
    
    東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群
は以下の通り。
    
    買い優勢    
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  大末建設                        23%  1,62  1,62  1,62  1,32
                                              9     9     9     9
   2  キトー                          21%  1,99  1,99  1,99  1,65
                                              5     4     5     0
   3  オプテックスグループ            19%  1,95  1,94  1,95  1,63
                                              0     9     0     3
   4  デクセリアルズ                  18%  3,31  3,31  3,32  2,81
                                              8     5     0     8
   5  リコー                          15%  1,14  1,14  1,14   990
                                              0     0     0  
   6  三井倉庫HLDG                14%  2,70  2,70  2,70  2,36
                                              5     5     5     8
   7  極東貿易                        14%  2,50  2,49  2,50  2,19
                                              0     9     0     0
   8  東海理化電機製作所              12%  1,52  1,51  1,52  1,36
                                              0     9     0     2
   9  横河電機                        10%  2,20  2,19  2,20  2,00
                                              0     9     0     7
  10  WOW WORLD               9%  1,20  1,19  1,20  1,09
                                              0     9     0     8
    売り優勢
      銘柄名                         騰落  MID   買気  売気  終値
                                     率    気配  配    配    
   1  関西ペイント                   -22%  1,39  1,39  1,39  1,79
                                              0     0     0     0
   2  大平洋金属                     -22%  2,50  2,50  2,50  3,20
                                              0     0     0     0
   3  三櫻工業                       -21%   554   553   554   703
   4  福山通運                       -18%  3,11  3,11  3,11  3,81
                                              5     5     5     5
   5  北陸電気工業                   -12%  1,06  1,06  1,06  1,21
                                              5     4     5     2
   6  エン・ジャパン                 -11%  2,75  2,75  2,75  3,09
                                              1     0     1     0
   7  JMDC                       -10%  4,76  4,76  4,76  5,31
                                              0     0     0     0
   8  ネクソン                       -10%  2,65  2,65  2,65  2,94
                                              1     0     1     4
   9  セレス                         -10%  1,20  1,20  1,20  1,32
                                              1     0     1     7
  10  ラクス                          -8%  1,22  1,22  1,22  1,33
                                              1     0     1     3
 
    
 (    
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up