for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は反発、手掛かり難の中で好決算銘柄を物色

 5月13日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比170円08銭高の2万5918円80銭と、反発してスタートした。新たな手掛かり材料が見当たらない中、好決算銘柄を中心に物色されている。2020年10月、東京証券取引所で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] -

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比170円08銭高の2万5918円80銭と、反発してスタートした。新たな手掛かり材料が見当たらない中、好決算銘柄を中心に物色されている。

好決算を発表した東京エレクトロンが買い気配でスタート。一方、5月限オプションSQ(特別清算指数)算出日だが、これに絡んだ注文は買い超過とみられる。

週末とあって、ポジション調整が活発化しそうだが、今週は下げ相場だっただけに、買い戻しのニーズが強いとの見方が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up