Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段安、北朝鮮ICBM関連の報道で再び警戒感
2017年9月5日 / 03:45 / 14日前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段安、北朝鮮ICBM関連の報道で再び警戒感

    [東京 5日 ロイター] - 
    <12:39> 日経平均は後場一段安、北朝鮮ICBM関連の報道で再び警戒感
    
    日経平均は後場一段安。1万9300円台半ばまで下げた。韓国のアジア・ビジネス
・デーリーは5日、匿名の情報筋の話として、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)
とみられるロケットを西岸に移動していると報じた。「地政学リスクへの警戒感が再び高
まり、為替も円高方向に動いた。新興株も下げているが、株価はこれまで高い位置で推移
していただけに、利益確定売りの範囲内。個人投資家のマインドが極端に悪化している感
じでもない」(銀行系証券)との声が出ていた。
    
    
    <11:38> 前場の日経平均は続落、北朝鮮リスク引き続き警戒
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比90円94銭安の1万9417円
31銭となり、続落した。前日の米国市場は休場。引き続き北朝鮮情勢への警戒感が日本
株の重荷となり、小高く寄った後は下げに転じ、一時115円安となった。東証33業種
中、輸送用機器を除く32業種が下落。中小型・新興株の下げがきつく、東証マザーズ指
数の下落率は一時4%を超えた。
    
    TOPIXは0.54%安で午前の取引を終了。日銀による後場入り後のETF(上
場投信)買いへの思惑が、全体相場の下支えとなった。水戸証券・投資顧問部チーフファ
ンドマネージャーの酒井一氏は「北朝鮮リスクを考えれば当然の流れ。軍事衝突がなけれ
ば買い場になるだが、市場もその確信がまだ持てない」と話す。
    
    午前中の東証1部売買代金は8327億円と商いは低調。セクター別では、その他製
品が下落率トップとなった。任天堂        は2%を超す下落。一方、トヨタ        や
ホンダ        はプラス圏で前引けとなったほか、メガバンクの下げは限定的だった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり270銘柄に対し、値下がりが1674銘柄、変わら
ずが79銘柄だった。
    
    
    <11:11> 日経平均は軟調、東証マザーズ指数は4%を超す下げ
    
    日経平均は軟調。1万9400円台前半まで下落する場面があった。東証マザーズ指
数       が4%を超す下げとなっている。「北朝鮮関連で追加の悪材料が出ることへの
警戒感がある。メガバンクの下げは軽微だが、全体相場は目先的な要素に振らされている
」(外資系投信)との声が出ていた。
    
    
    <10:13> 日経平均は安値圏、先物はロールオーバー主体との声
    
    日経平均は安値圏。1万9400円台後半で推移している。日経平均先物9月限のS
Q(特別清算指数)算出を今週金曜日に控える中、先物は期近から期先へのロールオーバ
ーが主体となっており、先物主導の動きの中で現物指数は方向感の乏しい動きとなってい
る。
    
    市場では「9日に北朝鮮の建国記念日があるが、足元ではそれほどボラティリティー
が高まっているわけでもない。7日の9月限先物の最終売買日まで、きょうを入れてあと
3営業日。時間的に北朝鮮情勢にからめたポジションはとれず、ロールオーバーがただひ
たすら進んでいる印象」(国内証券トレーダー)との声が出ていた。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は小反発、買い戻しが先行
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比25円13銭高の1万9533円
38銭となり、小反発で始まった。前日の米国株市場が休場、為替も小動きと外部環境に
変化がない中、前日下落の反動で小口の買い戻しが先行した。北朝鮮リスクに対する警戒
感は根強く、寄り後は伸び悩んでいる。業種別では、非鉄、鉄鋼、石油・石炭などが高い
。半面、海運、ゴム製品、建設などはさえない。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力輸出株でトヨタ自動車        、ホン
ダ        、キヤノン        、パナソニック        がほぼ売り買い拮抗。ソニー<675
8.T>はやや売り優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        
、ファナック        は売り買い拮抗している。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれも売り買い拮
抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below