Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、円相場がやや強含む
2017年9月7日 / 02:09 / 3ヶ月後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、円相場がやや強含む

    [東京 7日 ロイター] -   
  
    <11:00> 日経平均は伸び悩み、円相場がやや強含む
    
    日経平均は伸び悩み、1万9400円台前半で推移している。朝方には120円超高
となったが、足元の為替相場がやや円高に振れつつあり、株価も上値の重さが目立ってき
ている。市場では「米株高を材料とした買いは一巡してしまった印象。今週いっぱいは北
朝鮮情勢への警戒感が続くだろう。マイナス圏とはならなくても、買いにくい状況だ」(
国内投信)との声が聞かれた。   
    
    
    <10:30> 日経平均はしっかり、北朝鮮ミサイル関連報道の反応は限定的
    
    日経平均はしっかり、1万9400円台半ばでの値動きとなっている。北朝鮮が9日
の建国記念日にミサイルを発射する可能性があるとの観測を韓国首相が示した、と一部で
報じられ円相場がやや強含む場面があったが、日本株の反応は限定的だった。市場では「
北朝鮮は単に威嚇行動をしているにすぎないとマーケットが捉えるようになってきている
。ミサイルが発射されたとしても、逆に押し目買いのタイミングになる」(中堅証券)と
の見方が出ていた。
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は4日ぶり反発、東証33業種全て値上がり
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比75円47銭の1万9433
円44銭となり、4日ぶりの反発で始まった。前日の米国株の上昇や、ドル高/円安に振
れた為替相場を受け、外需大型株に買い戻しが入っている。原油高を背景に、石油関連株
が堅調。足元では東証33業種全てが値上がりしている。TOPIXは続伸し、1600
ポイントを回復した。
    
    
    <08:23> 寄り前の板状況、ファーストリテは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        は売り買いきっ抗。
ホンダ        、キヤノン        が買い優勢。ソニー        、パナソニック        
が売り優勢とまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナッ
ク        は、ともに買い優勢となっている。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が買い優勢。三井住友フィナンシャルグループ        は売り優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below