Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、リスク要因を意識し慎重姿勢
2017年9月8日 / 01:13 / 2ヶ月後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、リスク要因を意識し慎重姿勢

    [東京 8日 ロイター] - 
    <10:09> 日経平均は安値もみ合い、リスク要因を意識し慎重姿勢
    
    日経平均は安値もみ合い、1万9300円台前半で推移している。ファーストリテイ
リング        が年初来安値を更新し、指数の重荷になっている。市場では「北朝鮮リス
クに加え、大型ハリケーン「イルマ」が米国に上陸した場合の影響などが警戒され慎重姿
勢の投資家が多い。米財政問題も12月に先送りされたに過ぎず、米連邦公開市場委員会
(FOMC)と重なる12月相場は荒れる展開も予想される。年末高期待の買いも入りに
くくなってきた」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:12> 寄り付きの日経平均は反落、SQ市場推計値を上回って推移
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比98円56銭安の1万929
7円96銭となり、反落で始まった。ECB(欧州中央銀行)理事会後のドラギ総裁会見
を受けユーロ高が進行。これに伴いドル安/円高に振れた為替が日本株の重しとなってい
る。ただ売り先行後は下げ幅を縮小した。
    
    株式市場筋によると、9月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均
のSQ(特別清算指数)値は1万9278円13銭。日経平均は一時1万9300円台半
ばまで戻しており、SQ市場推計値を上回って推移している。業種別では医薬品が上昇率
トップ。米長期金利の低下を受け、金融セクターはさえない。
    
    
    <08:24> 寄り前の板状況、新興市場ではそーせいが売り優勢
    
    市場関係者によると、市場関係者によると、新興株の寄り前の板状況は、マザーズ上
場のミクシィ        がやや買い優勢。CYBERDYNE        、そーせいグループ
        が売り優勢。ジャスダック上場の日本マクドナルドホールディングス        は
売り優勢。セリア        は売り買いきっ抗。ハーモニック・ドライブ・システムズ<632
4.T>は買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below