Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調維持、解散時株高のアノマリーを意識
2017年9月19日 / 02:15 / 1ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調維持、解散時株高のアノマリーを意識

    [東京 19日 ロイター] -    
    <11:09> 日経平均は堅調維持、解散時株高のアノマリーを意識
    
    日経平均は堅調維持。2万0100円台後半で推移している。東証1部売買代金は午
前11時時点で1兆2500億円を上回った。連休明けで売買代金が膨らむ中、「衆院が
解散された後は、投開票日まで株高となるケースが多いというアノマリー(過去の経験則
)が意識されている」(外資系証券トレーダー)との声が出ていた。
        
    
    <10:15> 日経平均は2万0100円台半ば、FOMC前で買い一巡後は様子見
    
    日経平均は高値圏でもみ合いを続けている。足元では2万0100円台半ばで推移し
ている。TOPIXは年初来高値を更新した。「米国株が上昇した流れから買い戻しが入
った。衆院解散・総選挙となった場合の自民圧勝のシナリオへの期待もあるが、FOMC
(米連邦公開市場委員会)前でもあり、徐々に様子見ムードも広がっている」(国内証券
)との声が出ていた。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は大幅続伸、8月8日以来の2万円回復
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比218円68銭高の2万0128
円18銭となり、大幅続伸して始まった。取引時間中の2万円回復は8月8日以来。国内
連休中の米国株が上昇、為替は円安に振れるなど海外で広がったリスクオンムードが東京
市場にも波及した。早期の衆院解散が有力になり、政権安定への期待も高まっている。東
証業種別では、33業種がすべて上昇している。米金利上昇を好感し保険が上昇率のトッ
プ、証券、銀行がこれに続いている。
    
    
    <08:35> 寄り前の板状況、主力輸出株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        などの主力輸出株が買い優勢
。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優勢
となっている。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれも買い優勢と
なっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below