Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、不動産セクターは3%を超える上昇
2017年9月21日 / 02:16 / 1ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、不動産セクターは3%を超える上昇

    [東京 21日 ロイター] -   
    
    <11:10> 日経平均は堅調持続、不動産セクターは3%を超える上昇
    
    日経平均は堅調持続、2万0400円台後半での値動きとなっている。日米長期金利
が上昇傾向にあるにも関わらず、東証業種別では不動産          が3%を超える上昇と
なっている。市場では「金融株とともに出遅れ株の一環として買い戻されている。長期金
利の戻りが一時的とも見方もあり、低金利環境はしばらく続くと見込んでいるのだろう」
(国内シンクタンク)との声が聞かれた。
    
    
    <10:07> 日経平均は上昇一服、2万0500円手前では戻り待ちの売り
    
    日経平均は上昇一服、2万0400円台前半で推移している。寄り後に一時170円
上昇する場面があったが、2万0500円に近づく場面では戻り待ちの売りに押された。
市場では「FOMCも終わり、ひと山越えたというところで過熱感も出やすい。かといっ
て、北朝鮮情勢以外に差し迫ったリスクもない。10月下旬に決算発表が本格化するまで
は、2万円の下値固めだろう」(国内証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続伸、FOMC後の円安好感し年初来高値
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比146円04銭高の2万04
56円50銭となり、続伸して始まった。米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル高
・円安を好感した買いが先行し、連日で年初来高値を更新した。外需大型株や銀行株、石
油関連株が堅調な滑り出しとなっている。半面、水産・農林や小売株は小安い。TOPI
Xも年初来高値を更新した。
    
    
    <08:22> 寄り前の板状況、自動車・メガバンクが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
ソニー        が買い優勢。キヤノン        、パナソニック        は売り買いきっ抗
。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優勢
となっている。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれも買い優勢と
なっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below