Reuters logo
再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万0300円台後半、断続的な先物買いで一時プラス転換
2017年9月29日 / 04:49 / 2ヶ月前

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万0300円台後半、断続的な先物買いで一時プラス転換

 (本文中の誤字を修正して再送します。)
    [東京 29日 ロイター] - 
    <13:43> 日経平均は2万0300円台後半、断続的な先物買いで一時プラス転換
    
    日経平均は2万0300円台後半での値動き。一時プラスに転じた。ただ、足元の東
証1部の騰落数は値下がり銘柄数が過半数を超えている。「断続的な先物買いに現物指数
が引っ張られた印象」(国内証券)との声が出ていた。    
    
       
    <12:48> 日経平均はやや下げ渋る、需給的な思惑も
    
    日経平均はやや下げ渋り、2万0320円付近で推移している。市場では「日銀のE
TF(上場投信)買いや中間期末のお化粧買いなど需給的な思惑はある。ただ、後場後半
に入っても戻りが鈍ければポジション調整売りが優勢になりそう」(国内証券)との声が
出ている。
    
    
    <11:36> 前場の日経平均は反落、円安一服で自動車などに売り
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比58円07銭安の2万0305円
04銭となり、反落した。前日の米株はほぼ変わらずだったが、為替が1ドル112円台
半ばと円安基調が一服したことで、自動車など大型外需株に売りが先行した。9月中間期
末のため全般に手控えムードもあったが、朝方発表の8月鉱工業生産指数速報が市場予想
を上回るなど良好なファンダメンタルズが支えになり、下値は限定的だった。
    
    TOPIXも反落した。東証1部の午前中の売買代金は1兆1392億円となった。
セクター別では電気・ガスが下落率トップ。鉱業、輸送用機器も下げが目立った。半面、
水産・農林業、非鉄金属、医薬品などが上昇率上位に入った。市場では「日本株のウエー
トを落とし過ぎた海外勢の買いは継続している。総選挙で自民党が勝利する前提が変わら
なければ、株高基調の持続が期待できる」(日本アジア証券エクイティストラテジストの
清水三津雄氏)との声が出ていた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり689銘柄に対し、値下がりが1232銘柄、変わら
ずが106銘柄だった。    
    
    
    <11:02> 日経平均は2万0300円付近、銀行・自動車などに利益確定売り
    
    日経平均は2万0300円付近でこう着している。2次売却の受け渡し日となった日
本郵政        は売買高を伴って下落している。市場では「直近買われた銀行、自動車な
どに利益確定売りが出ている。中間期末でポジションを増やせない投資家もいる中、週末
要因などもあって売り優勢の状況が続いている」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <10:10> 日経平均は軟調もみ合い、半導体関連はしっかり
    
    日経平均は軟調もみ合い、2万0200円台後半で推移している。自動車株が安い。
半面、東エレク        など半導体関連の一角がしっかり。市場では「円安基調の一服で
売りが先行しているものの、テクニカル的な過熱感が残っていることを考えれば底堅い。
寄り前発表の8月鉱工業生産指数速報は予想を上回り、輸出の強さが確認された。企業業
績に対する期待が相場を下支えしそう」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:15> 寄り付きの日経平均は反落、円安一服で主力輸出株は売り優勢
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比47円77銭安の2万0315円
34銭となり反落して始まった。前日の米株はほぼ変わらずだったが、為替が1ドル11
2円台半ばと円安が一服しており、大型外需株に売りが目立つ。メガバンクも軟調。東証
業種別では、石油・石炭が下落率のトップ。海運、鉱業がこれに続いている。半面、非鉄
金属、水産・農林などはしっかり。
    
    <08:35> 寄り前の板状況、主力株は軒並み売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        は売り優勢。パナソニック        は買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢となっている。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り優勢となってい
る。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below