Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小じっかり、好業績裏付けに上昇継続の思惑も
2017年11月2日 / 03:59 / 20日前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小じっかり、好業績裏付けに上昇継続の思惑も

    [東京 2日 ロイター] - 
    <12:45> 日経平均は小じっかり、好業績裏付けに上昇継続の思惑も
    
    日経平均は2万2400円台後半で小じっかりと推移している。ホンダ        やソ
ニー        など、業績予想を上方修正した銘柄の上昇が目立っている。市場では「日本
株は好業績の裏付けもついてきている。外部環境への注意は必要だが、引き続き上昇トレ
ンドが続くとみていいのではないか」(国内証券)との見方も出ていた。


    <11:50> 前場の日経平均は小幅続伸、連休前の利益確定売りをこなす

    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比38円22銭高の2万2458円
30銭となり、小幅続伸した。連休を前にした利益確定売りが重しとなってマイナス圏に
下落する場面もあったが、良好なファンダメンタルズを背景とした先高観は根強く、一進
一退となった。

    TOPIXは前日比0.25%の上昇。東証1部の午前中の売買代金は1兆5578
億円。 セクター別では鉱業が上昇率トップ。非鉄金属や海運、輸送用機器が続いた。半
面、その他製品や倉庫・運輸関連、陸運などが下落率上位に入った。

    市場では「前日にソニー         などの業績期待から上げ幅を広げたものの、業績
改善はいいところまで織り込まれており、目先は一服感が出やすい。ただ、リスクオンム
ードが続くなら、押し目買いも入りやすく高値圏でのもみ合いが続きそう」(水戸証券チ
ーフファンドマネージャー、酒井一氏)との声も聞かれた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり764銘柄に対し、値下がりが1161銘柄、変わら
 ずが107銘柄だった。
    
    
    <11:20> 日経平均は小じっかり、パウエルFRB議長なら反応限定的か
    
    日経平均は小じっかり。一時マイナスに沈んだが、再びプラス圏に浮上し、2万24
00円台後半で推移している。
    
    次期米連邦準備理事会(FRB)議長にパウエルFRB理事を指名との観測報道が相
次いでいるが、市場では「パウエル氏で決まりならコンセンサス通り。(正式発表後に)
ドル/円が大きく動かなければ、日本株の反応も限られそうだ」(国内証券)との声が出
ていた。
    
    関係筋の話として、トランプ米大統領が次期FRB議長にパウエルFRB理事を指名
する方針を固めたと、ロイターは1日に伝えた。
    

    <10:23> 日経平均はもみ合い、連休前の利益確定売りと押し目買いが綱引き
    
    日経平均は、前日終値付近となる2万2400円台前半でもみ合っている。市場では
「日本の3連休前のため利益確定売りが重しになるのは自然。ただ、出遅れた投資家によ
る押し目買いの支えもあって、下押ししても限定的になりそうだ」(国内証券)との声が
聞かれた。
    
    
    <09:24> 日経平均は一時下げ転換、米株価指数先物の下落受けた売り
    
    日経平均は朝高後、下げに転じた。足元では2万2400円台前半での値動きとなっ
ている。「米株価指数先物が下落しており、これを受けて日本株にも売りが出ている」(
国内証券トレーダー)との声が出ている。ただ足元では押し目買いにより、日経平均は下
げ渋る展開となっている。
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続伸、21年4カ月ぶり2万2500円台
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比2万2512円18銭となり
、続伸して始まった。取引時間中としては1996年7月1日以来、21年4カ月ぶりに
2万2500円台に乗せた。良好な米経済指標や米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
を受けた円安を好感した買いが優勢となっている。ソニー        が続伸し、08年6月
以来の5000円台を回復。セクター別では非鉄金属が上昇率トップとなっている。半面
、食料品など内需セクターの一角がさえない。
    
    
    <08:37> 寄り前の板状況、トヨタ・ソニーは買い優勢

    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        が買い優勢。パナソニック        は売り買いきっ抗
。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優勢
となっている。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り優勢。三井住
友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は買い優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below