December 15, 2017 / 1:12 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、大手通信3社が売られる

    [東京 15日 ロイター] - 
    <10:07> 日経平均は下げ幅拡大、大手通信3社が売られる
    
    日経平均は下げ幅拡大、一時200円近い下げとなった。競争激化懸念でNTTドコ
モ        、KDDI        、ソフトバンクグループ        の大手通信3社が売られ
、指数の押し下げ要因になっている。市場では「年末に向けたポジション調整が継続し、
グロース系中心に利益確定売りが目立つ。寄り付き前に発表された日銀短観もサプライズ
はなく、目先は上値を買う材料が見当たらない」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続落、米税制改革法案に懸念 大型株軟調
    
    寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前営業日比73円09銭安の2万2621
円36銭となり、続落して始まった。米税制改革法案の成立に不透明感が強まったことで
前日の米国株が下落。大型株を中心に外部環境を嫌気した売りが先行している。情報通信
セクターの下げが目立つほか、自動車・メガバンクも軟調に推移。日経平均の下げ幅はそ
の後100円超に拡大した。 
    
    
    <08:33> 寄り前の板状況、外需大型株・メガバンクはまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、キヤノン        
、ソニー        は売り優勢。ホンダ        、パナソニック        は買い優勢とまち
まち。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        はともに
売り優勢。メガバンクは三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナン
シャルグループ        が売り優勢。三井住友フィナンシャルグループ        は買い優
勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below