December 21, 2017 / 4:01 AM / a year ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場に一時プラス転換、イベント通過で休暇モードへ

    [東京 21日 ロイター] - 
    <12:53> 日経平均は後場に一時プラス転換、イベント通過で休暇モードへ
    
    日経平均は後場に入り一時プラスに転じた。2万2800円台後半まで戻している。
日銀の金融政策決定会合は予想通り現状の政策を維持。日本株への反応は限定的となって
いる。一方で、前場のTOPIXが下落したことを受け、日銀によるETF買いの期待が
高まった。「重要イベントを通過し、本格的なクリスマス休暇モードとなった。年内は売
買が一層細り、レンジ内でのもみ合いを続けそう」(銀行系証券)との声が出ていた。
    
    
    <11:35> 前場の日経平均は反落、日銀ETF買い期待で下げ渋る
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比85円44銭安の2万2806円
28銭となり、反落した。米税制改革法案は成立の運びとなったが、前日の米国株は小幅
安。好材料出尽くしとの受け止めが広がる中、日本株は序盤から売りが優勢だった。下げ
幅は一時160円を超えたが、日銀によるETF(上場投信)買いの思惑が台頭し、下げ
渋る展開だった。
    
    TOPIXは0.17%安で午前の取引を終了した。セクター別では石油関連株が堅
調。水産・農林、不動産、小売などがさえない。前場の東証1部売買代金は1兆0989
億円だった。
    
    日銀の金融政策決定会合を巡っては政策現状維持がコンセンサスとなっている。個人
投資家を中心に中小型株が物色される流れとなる中、メガバンクなど大型株の一角が弱含
みで推移した。
    
    一方、東京エレクトロン        は売り先行後、一時プラス転換。SUMCO<3436.
T>が2%を超す上昇となった。市場では「米税制改革法案の可決でいったん材料出尽くし
との見方もあるが、このところ調整していた電機・ハイテクや成長株が戻しつつあり、先
につながるような動きも出ている」(内藤証券・投資調査部長の田部井美彦氏)との声が
出ていた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり875銘柄に対し、値下がりが1076銘柄、変わら
ずが109銘柄だった。
    
    <11:00> 日経平均は下げ渋り、個人投資家が中小型株を物色
    
    日経平均は下げ渋り。2万2800円台前半で推移している。規模別指数ではTOP
IX  Small        が小幅高。個人投資家による中小型株の物色意欲がおう盛だと
いう。日銀の金融政策決定会合に対しては「現状維持がコンセンサス」(国内証券)との
声が多い。「前場にマイナスに振れた時はどうしても日銀によるETF(上場投信)買い
の思惑が出て、買い戻しが入りやすい」(同)という。
    
    
    <10:08> 日経平均は下げ幅拡大、米長期金利上昇でもメガバンク軟調
    
    日経平均は下げ幅拡大。足元では2万2700円台後半で推移している。米長期金利
は一時2.5%を上抜けたが、国内メガバンクはさえない。「米税制改革は成立の運びと
なったが、材料出尽くしで米国株が売られている流れが日本株にも及んでいる。さらにク
リスマス休暇に差し掛かり、市場参加者が離散している。相場に方向感が出るのは、受け
渡しベースで実質新年相場入りとなる来週半ば以降ではないか」(国内証券)との声が出
ていた。
           
    
    <09:15> 寄り付きの日経平均は反落、米株安の流れ引き継ぎ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比39円71銭安の2万2852円
01銭となり、反落して始まった。前日の米株の小幅安の流れを引き継いだ。朝方の為替
がやや円高気味に推移していることも重し。寄り付き後もじりじりと下げを拡げている。
業種別には、石油・石炭が上昇率トップ。鉱業や鉄鋼が高く、非鉄金属もしっかり。半面
、不動産、繊維、パルプ・紙が下げている。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、トヨタ自・ファーストリテは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、外需関連株はトヨタ自動車        、ホン
ダ        、ソニー        が売り優勢、キヤノン        、パナソニック        は買
い優勢となっている。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が、いずれも売り優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below