December 22, 2017 / 2:03 AM / 9 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、休暇前で手控えムード広がる

    [東京 22日 ロイター] - 
    <11:01> 日経平均は小動き、休暇前で手控えムード広がる
    
    日経平均は小動き、2万2800円台後半で推移している。鉱業、非鉄、商社などの
市況関連株は堅調持続。市場では「地政学リスクなども意識される休暇前に積極的に動く
投資家は少ないが、前日の黒田日銀総裁の会見がタカ派リスクを払拭(ふっしょく)する
内容であったこともあり、当面の株高基調の持続に対する不安は乏しい」(国内証券)と
の声が出ている。
    
    
    <10:12> 日経平均は小幅高、伊藤忠など大手商社が高値更新
    
    日経平均は小幅高。2万2800円台後半で推移している。伊藤忠        、三菱商
事        などの大手商社が新高値。半面、精密、医薬品、小売などが安い。市場では「
材料不足で方向感に欠ける動きとなっているが、海外勢の売り圧力が低下しているため下
値は堅い。中小型株への資金流入も継続している」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は続落、前日終値付近で一進一退
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比15円37銭安の2万2850円
73銭となり、続落して始まった。寄り付き後、前日終値付近での一進一退となっている
。主要なイベントをこなし、年末ムードが出やすいと見られている。業種別には、鉱業や
石油・石炭製品が高く、海運もしっかり。半面、医薬品、金属製品、精密機器などがさえ
ない。
    
    
    <08:33> 寄り前の板状況、ファーストリテ・ファナックは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、輸出関連株ではトヨタ自動車        、パ
ナソニック        が買い優勢。ホンダ        、キヤノン        、ソニー        が
売り優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り優
勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は売り優勢。三井住
友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は、やや買
い優勢となっている。    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below