December 25, 2017 / 2:23 AM / 6 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、もち合い相場継続で変動リスクを意識

    [東京 25日 ロイター] - 
    <11:19> 日経平均は小動き、もち合い相場継続で変動リスクを意識
    
    日経平均は小動き。2万2800円台後半での値動きを続けている。直近では狭いレ
ンジ内でのもち合い相場が続いている。「利益確定売りをこなす中、それなりにキャッシ
ュポジションが積み上がった投資家も多い。突発的なことがなければ素直にニューマネー
が年明けに入ってくるのではないか。アップサイドリスクも意識される」(外資系証券)
との声が出ていた。
    
    
    <10:19> 日経平均は小幅安、金融セクターがさえない
    
    日経平均は小幅安。2万2800円台後半で推移している。銀行、証券など金融セク
ターが軟調。「米長期金利が2.5%を先週一時的に上抜けた後、頭打ちとなっている。
上昇ピッチも早過ぎた印象。銀行株に対しては利ざや改善期待が後退している。米税制改
革の効果や今後の米景気に対してはさらに強気にはなりにくく、米長期金利が一段と上昇
するとも見込みにくい」(国内投信)との声が出ていた。   
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は小幅続伸後下げ転換、ハイテク株しっかり
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比6円65銭高の2万2909
円41銭となり、小幅に続伸して始まった。ただ前週末の米国株が小幅安で取引を終了す
るなど、外部環境に買い手掛かり材料が乏しく、買い先行後は下げに転じた。ハイテク関
連の一角がしっかり。TOPIXは前営業日終値近辺でもみ合い。不動産、鉱業、繊維が
上昇する一方、海運、小売、銀行がさえない。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、トヨタ・ソニーは売り優勢

    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ソニー        が
売り優勢。キヤノン        はやや買い優勢。ホンダ        、パナソニック        は
売り買いがきっ抗している。
    
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り優勢の一方、ファナック
        は買い優勢。メガバンクでは、三井住友フィナンシャルグループ        が買い
優勢。三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシャルグループ<8
411.T>は売り優勢とまちまち。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below