January 4, 2018 / 1:12 AM / 15 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、昨年来高値も視野に

    [東京 4日 ロイター] - 
    <10:02> 日経平均は上げ幅拡大、昨年来高値も視野に
    
    日経平均株価は高く寄り付いた後、上げ幅を拡大し、2万3200円台前半でしっか
り推移している。海外株高や北朝鮮リスクの後退を背景に地合いが好転しているといい、
市場では「昨年高値2万3382円15銭の上抜けも視野に入ってきた」(国内証券)と
の声が聞かれる。
    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日発表した「新年の辞」の中で、韓国との対話
に柔軟な姿勢を示唆したほか、平昌冬季五輪に選手団を派遣する可能性について検討する
考えも合わせて示しており、市場では北朝鮮をめぐる地政学的リスクへの過度な懸念は後
退してきているという。
    

    <09:06> 寄り付きの日経平均は急反発、2カ月ぶり2万3000円台
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比308円79銭高の2万30
73円73銭となり、急反発して始まった。取引時間中としては11月9日以来、約2カ
月ぶりに2万3000円台を回復した。年明けの米国株が上昇を続け、最高値を更新。良
好な外部環境を好感した買いが先行している。上昇幅はその後400円を超えた。石油関
連株やハイテク関連株が堅調。水産・農林を除く32業種が値上がりしている。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、主力株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        は買い優勢。指数寄与度の大
きいファーストリテイリング        、ファナック        に加え、三菱UFJフィナン
シャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナン
シャルグループ        などメガバンクも買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below