January 25, 2018 / 1:42 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を縮小、ドル/円の下げ一服をにらみ

    [東京 25日 ロイター] - 
    <10:29> 日経平均は下げ幅を縮小、ドル/円の下げ一服をにらみ
    
    日経平均は2万3800円付近。安く寄り付いた後、じわじわと下げ幅を縮小してき
ている。ドル/円が109円前半に持ち直し、下落基調に一服感が出ており、日本株は「
一段の下げに対する警戒感が和らいで、押し目買いが支えになっている」(国内投信)と
いう。足元のドル安/円高について株式市場では、米財務長官の発言は売りの口実に使わ
れたにすぎないとして「米金利の上昇基調を踏まえると、ドル/円を下方向に仕掛けても
ワークしにくい」(同)との見方も聞かれる。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は続落、米財務長官ドル安歓迎姿勢で心理悪化
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比190円13銭安の2万37
50円65銭となり、続落で始まった。ムニューシン米財務長官がドル安を歓迎する姿勢
を示したことに伴うドル安・円高の進行を受け、主力株は総じて軟調な滑り出しとなった
。下げ幅はその後250円を超え、一時2万3600円台後半まで下落した。半導体・ハ
イテク関連や銀行株の下げが目立つ一方、不動産や石油関連が小高く推移している。
    
    
    <08:32> 寄り前の板状況、主力株は売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        が売り優勢。指数寄与度の大
きいファーストリテイリング        、ファナック        に加え、三菱UFJフィナン
シャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナン
シャルグループ        などメガバンクも売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below