January 26, 2018 / 2:08 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩む、強含みの円相場が重し

    [東京 26日 ロイター] - 
    <11:02> 日経平均は伸び悩む、強含みの円相場が重し
    
    日経平均は伸び悩み、2万3700円付近で推移している。医薬品、サービスなどの
ディフェンシブ系がしっかり。市場では「為替がじわりと円高に傾き、不安心理を誘って
いる。市場から資金が流出しているわけではないが、しばらくは米通商政策に対する不透
明感が相場の重しになりそう」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <10:18> 日経平均は上げ幅縮小、買い戻し一巡後は為替に敏感
    
    日経平均は上げ幅縮小。2万3700円付近で推移している。一時マイナスに転じた
。石油・石炭、鉱業などが軟調。市場では「朝方の買い戻しが一巡した後は、為替の動き
に神経質になっている。今晩行われるトランプ米大統領のダボス会議での講演や来週の一
般教書演説を控え、上値は買いにくい」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は反発、ドル/円の持ち直しを眺め
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比87円85銭高の2万3757円
34銭となり、反発して始まった。トランプ米大統領の「強いドルを望む」との発言が伝
わってドル/円が持ち直しきてており、日経平均も買いが先行した。業種別には、海運、
精密機器、その他製品が高く、繊維、医薬品もしっかり。半面、鉱業、石油・石炭製品、
保険などが下げている。 
    
    
    <08:35> 寄り前の板状況、ファーストリテは売り優勢・ファナックは買い優
勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力外需株のうちトヨタ自動車        、
ホンダ        は売り優勢。キヤノン        、パナソニック        は買い優勢。ソニ
ー        は売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り優勢、ファナック<6954.
T>は買い優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り優勢、三井住
友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        は買い優勢
となっている
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below