February 5, 2018 / 2:04 AM / 8 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日本株は全面安、日銀のETF買いへの思惑も

    [東京 5日 ロイター] - 
    <10:56> 日本株は全面安、日銀のETF買いへの思惑も 
    
    東証1部では33業種すべてが下落しており、銘柄数では値上がり78に対して値下
がり1972、変わらず15と、全面安の様相となっている。
    日経平均は、一時600円を超す下落となり、2万2671円32銭まで下げ幅を拡
大した。ただ、「日銀の上場投資信託(ETF)買いに対する思惑が支えになって、どん
どん下げる状況ではない。前引けに近づくほど売りにくくなる」(国内証券)との声が出
ていた。
    
    
    <09:53> 日経平均は下げ一服、円高進まないか目配りの必要も
    
    日経平均は2万2700円台半ば。一時2万2722円49銭に下落し、前営業日比
500円超の大幅安となっている。ドル/円は109円台後半を推移しており「(為替は
)大きく崩れていない。ここから円高が進行するようなら、日本株がさらに下落する展開
を警戒する必要もある」(国内証券)との声も聞かれた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は大幅続落、米株大幅安を嫌気
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比353円37銭安の2万29
21円16銭となり、大幅続落した。米金利上昇を背景に2日の米国株市場でダウ工業株
30種が約666ドル安と急落。株式市場からの資金流出を懸念する売りが東京市場にも
波及した。寄り後に下げ幅は400円を超えている。足元の企業業績は堅調で、好決算を
発表したホンダ        、ソニー        などには買いが先行している。業種別では鉱業
、石油・石炭、非鉄金属などが軟調。半面、電気・ガス、空運は上昇している。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        などの主力輸出株が売り優勢。2日に好決算を
発表したホンダ        は買い優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイ
リング        、ファナック        は売り優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        が売り優勢。みずほフィナンシャルグループ        は売り買い
拮抗している。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below