February 7, 2018 / 2:07 AM / 10 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値持続、第一三共は新高値

    [東京 7日 ロイター] - 
    <11:02> 日経平均は高値持続、第一三共は新高値
    
    日経平均は高値持続、2万2300円付近で推移している。医薬品株が買われ、第一
三共        、小野薬        は新高値。市場では「9日のオプションSQ(特別清算指
数)算出を控えて、後場は上下に仕掛ける動きが出る可能性もある。着地点が予想しにく
く、値幅が出ることも想定される」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <10:09> 日経平均は高値圏、ボラティリティ―指数は低下

    日経平均は2万2200円台後半で推移している。上げ幅は一時700円を超えた。
トヨタ        、ソニー        などの主力株が買われている。日経平均ボラティリティ
―指数       は前日比約20%低下した。市場では「短期筋のショートカバーが中心だ
が、前日に売買高が大きく膨らんだことでセリングクライマックス的な商状となった。特
段のネガティブ材料がなければ緩やかに戻りを試す展開だろう」(サクソバンク証券チー
フマーケットアナリストの倉持宏朗氏)との声が出ている。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は急反発、2万2000円台回復 上げ幅600円超す
 
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比391円05銭高の2万2001
円29銭高となり、急反発で始まった。暴落した米国株が一旦下げ止まったことを支えに
、幅広く買い戻しが入り、前日に下回った2万2000円の水準を一日で回復した。上げ
幅はその後一時600円超に拡大。東証33業種全てが値上がりしている。前日に業績予
想を上方修正したトヨタ自動車        は前日比4%を超す上昇となっている。    
    
    
    <08:31> 寄り前の板状況、トヨタなど主力株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。指数寄与度の大
きいファーストリテイリング        、ファナック        や、三菱UFJフィナンシャ
ル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャ
ルグループ        などメガバンクは買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below