February 9, 2018 / 1:21 AM / 8 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、売り一巡後に買い戻しも

    [東京 9日 ロイター] - 
    <10:15> 日経平均は下げ幅縮小、売り一巡後に買い戻しも
    
    日経平均は下げ幅縮小。2万1300円台で推移している。ニコン        、テルモ
        など好業績株の一角がしっかり。市場では「前日の東証空売り比率が45.7%
と高水準であり、売り一巡後は買い戻しも入っている。もっとも、外部環境の不透明感は
消えていない。米国株の落ち着きを確認するまで積極的な買いは入りにくい」(国内証券
)との声が出ている。
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は大幅反落、米株急落でリスク回避
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比383円12銭安の2万1507
円74銭となり、大幅に反落して始まった。その後も下げを拡大し、一時700円超安に
下落した。前日の米国株が再び急落した流れを引き継いで、日本株は幅広く売りが先行し
た。東証1部の33業種すべてが下落している。業種別では、精密機器、陸運、空運、食
料品が下落率上位となっている。
    
    大阪取引所は、東証マザーズ先物取引の全限月取引を午前8時46分から同56分ま
で一時停止した。サーキット・ブレーカーが発動したため。
    
    
    <08:35> 寄り前の板状況、新興市場でそーせい・ミクシィなど売り優勢
    市場関係者によると、新興株の寄り前の板状況は、マザーズ上場のミクシィ        
、CYBERDYNE        、そーせいグループ        が売り優勢。ジャスダック上
場の日本マクドナルドホールディングス        、セリア        、ハーモニック・ドラ
イブ・システムズ<632 4.T>も売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below