July 3, 2018 / 1:10 AM / 20 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ転換、戻りの鈍さを嫌気

    [東京 3日 ロイター] - 
    <10:02> 日経平均は一時下げ転換、戻りの鈍さを嫌気
    
    日経平均は一時下げに転じた。2万1800円近辺まで下落した後は下げ渋る動きと
なっている。資生堂        など急落した内需株の一角に買い戻しが先行したが、足元で
は上げ幅を縮小。中国株の動向への警戒感も強い。「米国が水面下の交渉により対中関税
の発動を見送るとの期待もあったが、実際の関税発動に対し市場は身構えつつある。日本
株の戻りの鈍さも投資家心理を悪化させている」(外資系証券トレーダー)との声が出て
いた。
    
    
    <09:13> 寄り付きの日経平均は反発、米株高など背景に買い戻し
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比77円13銭高の2万1889円
06銭となり、反発して始まった。米国株高と円安基調を背景に買い戻しが先行した。前
日大幅安の反動もあり、寄り後に上げ幅は一時100円を超えた。米通商政策への警戒感
が根強く、買い一巡後はもみ合っている。サービス、小売が高く、空運、保険もしっかり
。半面、非鉄金属、鉄鋼はさえない。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、トヨタ・ホンダは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        が
買い優勢。キヤノン        、ソニー        、パナソニック        は売り買い拮抗し
ている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢。ファナック<6
954.T>は売り買い拮抗している。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が売り買い拮抗、三井住友フィナンシャルグループ        は買い
優勢となっている。
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below