July 12, 2018 / 2:32 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超高、中国株反発や円安で

    [東京 12日 ロイター] - 
    <11:26> 日経平均は200円超高、中国株反発や円安で
    
    日経平均は上げ幅を200円超に拡大。2万2100円台後半で推移している。米中貿易摩擦への警戒
はあるものの、過度なリスクオフムードは後退。上海総合指数       、CSI300指数         など中
国の主要株価指数が堅調に推移している。
     為替の円安も引き続き安心材料。中国人民銀行が発表した人民元の対ドル基準値は1ドル6.672
6元と、前日の基準値に比べて元安方向に設定された。人民元安/ドル高の流れから、ドル/円でもドル高
/円安が進行している。    
    
    
    <10:27> 日経平均は伸び悩み、中国の対米報復措置を見極め
    
    日経平均は伸び悩み。2万2100円をやや下回る水準で推移している。ドル/円が6カ月ぶりのドル
高/円安になったことがサポートとなり、一時200円超に上げ幅を拡大したが、その後、上げ幅を縮小さ
せてきた。
    米国の2000億ドル規模の対中追加関税リスト公表を受け、中国がどのような報復措置をとるのか見
極めが必要で、この水準からは積極的に買いづらいという。「米国と同額の報復関税は難しいので、中国で
活動している米国企業の活動を制限することなどが考えられる」(国内証券)との見方も出ていた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は反発、円安が支援 ソフトバンクG高い
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比104円66銭高の2万2036円87銭とな
り、反発で始まった。一時1ドル112円台を付ける水準まで円安に振れた為替が支援材料となっている。
医薬品などディフェンシブ関連がしっかり。ソフトバンクグループ        が上昇し、日経平均を押し上げ
ている。半面、原油相場の急落を受け石油関連株がさえない。村田製作所        やキーエンス        、
東京エレクトロン         などハイテク・半導体や設備投資関連の一角にも売りが出ている。
    
    
    <08:29> 寄り前の板状況、外需大型株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        は買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.
T>は売り買い拮抗。ファナック        は買い優勢。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシャルグループ<841
1.T>が買い優勢。三井住友フィナンシャルグループ        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below