August 7, 2018 / 1:14 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏維持、ソフトバンク9カ月ぶり高値 NT倍率13倍台

    [東京 7日 ロイター] - 
    <10:08> 日経平均はプラス圏維持、ソフトバンク9カ月ぶり高値 NT倍率1
3倍台
    
    日経平均はプラス圏維持。2万2500円台半ばで推移している。ソフトバンクグル
ープ        が5%を超す上昇となり、年初来高値を更新。約9カ月ぶりに1万円台を回
復した。1銘柄で日経平均を60円近く押し上げる要因となっている。
    
    一方、TOPIXは小幅安。日経平均をTOPIXで割ったNT倍率        は13
倍台に上昇、半月前の水準に戻した。
    
    ソフトバンクに関しては「想定以上の強い決算が評価された。昨年10月の高値1万
0550円を試す動きが期待できる」(国内証券)との声が聞かれる。一方、全体相場に
ついては「テクニカル的にみると中期的なトレンドは日経平均のほうが良好。日銀決定会
合前後のTOPIXシフトの流れも続かなかった」(同)との見方が出ている。
    
    
    <09:13> 寄り付きの日経平均は小反発、米株高を好感
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比6円99銭高の2万2514
円31銭となり、小反発で始まった。米国株が堅調を持続していることが好感された。米
中貿易摩擦の激化を材料に、前日売り込んだ短期筋の買い戻しも先行した。ソフトバンク
グループ        の上昇も指数を支えている。情報・通信、鉱業が高く、金属製品もしっ
かり。半面、農林・水産、電気・ガスなどがさえない。
    
    
    <08:29> 寄り前の板状況、主力輸出株は総じて売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        などの主力輸出株が売り優勢。パナソニック        
はやや買い優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、フ
ァナック        はほぼ売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り優勢、三井住
友フィナンシャルグループ        は買い優勢、みずほフィナンシャルグループ        
は売り買い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below