October 5, 2018 / 7:07 AM / 14 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字足」、パラボリックは陰転

    [東京 5日 ロイター] -   
    <15:59> 日経平均・日足は「十字足」、パラボリックは陰転 
    
    日経平均・日足は「十字足」。投資家の気迷いの心理を表している。一方、パラボリックは陰転してお
り、目先は調整含みの展開が見込まれる。「反発しても自律反発の範囲内。週明け以降、一段安となる可能
性がある」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <15:51> 新興株市場は軟調、個人投資家は利益確定売り
    
    新興株市場は軟調。日経ジャスダック指数は4日続落、東証マザーズ指数は続落となった。「個人投資
家は利益確定売りが優勢。海外投資家は熱を冷まし、様子をうかがっている」(国内証券)との声が出てい
た。ITbookホールディングス        、アドバンスト・メディア        、燦キャピタルマネージメ
ント        、夢みつけ隊        などが買われた。一方、フロンティア・マネジメント        、歯愛メ
ディカル        、アズーム        、プロレド・パートナーズ        などが売られた。
    
    
    <14:34> 日経平均は安値圏でもみあい、イベント・3連休前に手掛けづらい
    
    日経平均は安値圏でもみあい、2万3800円台前半で推移している。米雇用統計の発表が控えている
ほか、日本は3連休前ということもあり、手掛けづらいという。市場からは「銀行などバリュー系の株は買
われており、長期的な運用の資金が入っている可能性がある。地合いは決して悪くはない」(国内証券)と
の声が出ていた。
    
    
    
    <12:46> 日経平均はやや下げ幅縮小、日銀ETF買いの思惑
    
    日経平均は後場やや下げ幅縮小。2万3800円台前半で推移している。市場では「日銀によるETF
(上場投信)買いの思惑が出ているものの、来週はオプションSQ(特別清算指数)算出もあり波乱含みだ
。押し目買いは入れにくい」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <11:36> 前場の日経平均は続落、金利上昇による米株安を嫌気

    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比190円98銭安の2万3784円64銭となり、
3日続落した。前日の米国株が米金利上昇を背景に大幅安となったことや、強含みの円相場を嫌気した売り
が先行。下げ幅は一時240円を超えた。為替が1ドル114円付近まで円安方向に戻すと日経平均も下げ
渋ったが、前引けにかけて再び売られた。今晩の9月米雇用統計発表を控え、押し目を買う動きは限られた
。
    
    一方、TOPIXは0.51%安。東証1部の午前中の売買代金は1兆1927億円だった。セクター
別では米長期金利の上昇を背景に銀行、保険などの金融セクターが上昇。半面、化学工業、非鉄金属などの
素材系や機械、電気機器などが軟調だった。市場では「米金利上昇が単純に円安につながるとは言えなくな
ってきた。当面は米金利にらみで一喜一憂だろう。日経平均は2万3500円程度まで下げてもトレンドは
崩れない」(証券ジャパン調査情報部長の大谷正之氏)との声が出ていた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり436銘柄、値下がり1598銘柄、変わらずが71銘柄だった。
    
    
    <10:36> 日経平均は下げ幅縮小、3連休控え買い戻しも
    
    日経平均は下げ幅縮小。2万3900円付近で推移している。銀行、保険などの金融セクターが堅調を
持続している。円相場の落ち着きも支え。市場では「3連休を控え、直近売り込んだ短期筋が買い戻してい
る。今晩の米雇用統計発表後に米金利、為替がどう動くが見極めたい」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:41> 11月MSCI定期見直し、みずほ証が4銘柄を暫定採用候補に メルカリ見送りか
    
    日経平均は下げ幅縮小。足元では2万3800円台後半で推移している。ドル/円は114円付近とや
や円安に振れている。
    
    11月に予定されているモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の指数
銘柄の定期見直しについて、みずほ証券は4日付のレポートで、暫定的な予想として、日本株での採用銘柄
と除外銘柄の候補を公表した。
    
    新規採用候補としては、MonotaRO        、ピジョン        、朝日インテック        、ウ
エルシアホールディングス        の4銘柄を挙げた。一方、除外候補はCYBERDYNE        のみ
とした。メルカリ        はみずほ証の推計では浮動株比率が基準に満たないため、大幅な株価上昇がない
限り新規採用は見送られると指摘している。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続落、米株大幅安を嫌気 下げ幅200円超す
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比193円86銭安の2万3781円76銭とな
り、続落で始まった。前日の米国株が大幅安となったことや、為替が円高に振れたことを嫌気した売りが先
行している。金利上昇を追い風に保険や銀行など金融セクターは逆行高。一方、石油関連や機械など景気敏
感セクターの下げが目立つ。日経平均はその後下げ幅を一時200円超に拡大した。
    
    
    <08:23> 寄り前の板状況、外需大型株は売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り優勢。指数寄与度の高いファーストリテイリング        
、ファナック        も売り優勢となっている。
    
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は売り優勢。三井住友フィナンシャル
グループ        、みずほフィナンシャルグループ        は買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below