November 22, 2018 / 1:49 AM / 19 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時下げ転換、米金利の先高期待薄れ不動産株が上昇

    [東京 22日 ロイター] - 
    <10:41> 日経平均は一時下げ転換、米金利の先高期待薄れ不動産株が上昇
    
    日経平均は一時下げ転換した。先物主導で方向感の乏しい展開となる中、上海株がマ
イナス圏に沈むと売り圧力が強まった。足元では2万1500円台での値動きとなってい
る。
    
    セクター別では金利高デメリットセクターの不動産が上昇率トップ。「米金利の先高
観が薄れる中で、不動産株が物色されている」(国内投信)との声が出ていた。米連邦準
備理事会(FRB)が来年春にも利上げサイクルを終了させる可能性があるとMNIが報
じている。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反発、円安が支援 三菱UFJは2%安
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比74円93銭高の2万158
2円47銭となり、反発で始まった。為替が1ドル113円近辺とドル高/円安に振れた
ことが支援材料となっている。TOPIXも反発。任天堂        や資生堂        が買
われ、石油関連も堅調な滑り出し。日産自動車        は売り買いが交錯している。半面
、前日に買われた半導体関連がさえない。三菱UFJフィナンシャル・グループ        
は2%を超す下げとなっている。
    
    
    <08:15> 寄り前の板状況、三菱UFJは売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況では米検察当局が北朝鮮のマネーロンダリング
を巡り調査していたと報じられた三菱UFJフィナンシャル・グループ        が売り優
勢。このほかメガバンクは三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が買い優勢となっている。
    
    主力輸出株は、トヨタ自動車        、ソニー        が買い優勢。ホンダ        
、キヤノン        、パナソニック        が売り優勢とまちまち。指数寄与度の高いフ
ァーストリテイリング        、ファナック        はともに買い優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below