December 6, 2018 / 1:53 AM / 5 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、下落スタートの中国株を注視する動き

    [東京 6日 ロイター] - 
    <10:46> 日経平均は下げ渋り、下落スタートの中国株を注視する動き
    
    日経平均は下げ渋り。下げ幅は一時400円を超え、2万1500円を下回る場面があった。ただ、中
国株は下落スタートとなった後は安値圏でもみあいを続けている。市場では「中国株が比較的落ち着いた反
応を見せたことを支えに、日本株を買い戻す動きとなっている」(国内投信)との声が出ていた。日経平均
は足元では2万1600円近辺で推移している。
    
    
    <10:06> 日経平均は下げ幅300円超す、華為CFO逮捕で中国市場の反応に警戒
    
    日経平均は下げ幅を300円超に拡大。2万1500円台後半まで弱含んだ。華為技術(ファーウェイ
)        幹部の逮捕報道を受け、中国市場の反応に対する警戒感が高まっている。市場では「昨日のよう
な押し目買いが入らない。過剰反応にみえなくはないが、まずは中国株の動きをみたいところ」(中堅証券
)との声が出ていた。
    
    
    <09:16> 寄り付きの日経平均は続落、華為CFOの逮捕を嫌気 

    寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比152円83銭安の2万1766円50銭とな
り、続落で始まった。その後、200円超に下げ幅を拡大している。
    市場では「前日終値近辺で寄り付くとみていたが、華為技術(ファーウェイ)        幹部が逮捕され
たというニュースを受け、日経平均先物に仕掛け的な売りが出た」(国内証券)との声が聞かれた。先物の
売りが現物指数に波及している。
    逮捕されたのは、孟晩舟・最高財務責任者(CFO)。華為の取締役会副会長の1人で、創業者の任正
非氏の娘。米国の対イラン制裁に違反した疑いにより、カナダ当局に逮捕された。            
    
    
    <08:31> 寄り前の板状況、ファーストリテはやや売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        はやや買い優勢、キ
ヤノン        、ソニー        、パナソニック        は売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        はやや売り優勢。ファナック        は買い優勢
。メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<831
6.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below