May 15, 2019 / 1:46 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、前日の取引で戻し過ぎとの見方

    [東京 15日 ロイター] - 
    <10:40> 日経平均はマイナス圏、前日の取引で戻し過ぎとの見方
    
    日経平均は2万1050円付近で推移している。朝方の反発予想に反し、ここまでマイナス圏での取引
となっているが、市場からは、前日の取引で安値から大幅に下げ幅を縮小させて終了した影響が出ていると
の声が聞かれた。
    「前日は下げ幅を一時400円超に拡大したが、結局124円安で取引を終えた。米国株反発の動きを
先取りする形で下げ幅を縮小させたが、その動きが強く出過ぎた格好だ。前日に300円安程度で終わって
いたら、きょうはプラス圏で推移していただろう」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は小反発、外部環境に落ち着き
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比45円62銭高の2万1112円85銭となり、小
反発した。米中貿易摩擦の激化懸念が和らぎ、前日の米国株が上昇。日経平均は前日までの下げの反動もあ
り、買いが先行した。その後は伸び悩み、前日終値を挟んでもみあいとなっている。
    業種別では、繊維、不動産、金属製品が値上がり。医薬品、鉄鋼、精密機器などが安い。    
    
    
    <08:18> 寄り前の板状況、主力株はおおむね売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        がやや買い優勢。ホンダ        、キ
ヤノン        、ソニー        、パナソニック        は売り買い拮抗している。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は売り優勢、三井住友フィナンシャル
グループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below