May 17, 2019 / 1:14 AM / 6 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、200円超高 電子部品関連は軟調

    [東京 17日 ロイター] - 
    <10:11> 日経平均は上げ幅拡大、200円超高 電子部品関連は軟調
    
    日経平均は上げ幅拡大、2万1300円台前半で推移している。米国株高や為替の円高一服を好感して
上昇している。ただ「米中の話が良い方向に向かったわけではなく、リバウンドの動きも長くは続かないだ
ろう」(ファンドマネジャー)との声が出ている。
    東京エレクトロン        など半導体関連の一角は堅調。米アプライド・マテリアルズ        が16
日発表した第3・四半期の業績見通しがアナリスト予想を上回った            ことが安心材料となってい
るという。一方、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米政府の「禁輸措置」の影響が
懸念され、村田製作所         TDK        など電子部品関連は売られている。
    
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反発、上値追いには慎重
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比183円88銭高の2万1246円86銭とな
り、反発した。その後はやや上げ幅を縮小させている。前日の米国株高や為替の円高一服は支えとなってい
るものの、米中対立激化への懸念は完全に払拭できず、上値追いには慎重という。
    業種別では、鉱業、石油・石炭、サービス、パルプ・紙などが値上がり。半面、証券、電気・ガス、そ
の他金融、輸送用機器などが安い。
    
    
    
    
    <08:17> 寄り前の板状況、ソニーやファーストリテが買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、パナソニック        が売り買い拮抗。ソニー        は買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢。ファナック        は売り買い拮抗
。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below