June 6, 2019 / 6:39 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、薄商いのなか利益確定売り優勢

    [東京 6日 ロイター] -    
    <15:37> 新興株市場は反落、薄商いのなか利益確定売り優勢

    新興株市場は売り優勢。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した
。市場では「商いが盛り上がらず利益確定売りに押された。IPOが増える6月下旬まで
材料不足だ」(国内証券)という。ASJ        、リボミック        が高く、ネクス
トジェン        も買われた。半面、セリア        、ALBERT        が安く、自
律制御システム研究所        も軟調だった。
    
    
    <14:00> 日経平均は小動き、材料乏しく様子見姿勢
    
    日経平均は小動き。前場終値付近の狭いレンジで推移している。午後2時現在の東証
1部売買代金は1兆2388億円と薄商い。市場では「個別銘柄の自律反発を狙う短期資
金が動いている程度だ。世界景気の減速懸念は簡単に消えそうもない。国内にも材料が乏
しく後場は見送り姿勢という投資家が多い」(準大手証券)との声が出ている。
    
    
    <11:49> 前場の日経平均は続伸、様子見ムード ソフトバンクGなど高い
    
    前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比56円36銭高の2万0832円46
銭となり、続伸した。米国とメキシコによる移民・制裁関税を巡る協議や、週末の米雇用
統計などを見極めたいとする向きが多いという。様子見ムードが広がる中、指数寄与度の
高い銘柄への買いが下支えとなった。
    
    TOPIXは0.03%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は8814億円
と薄商いだった。東証33業種では、情報・通信、空運、ゴム製品などが値上がり率上位
にランクイン。半面、石油・石炭製品、鉄鋼、海運などが軟調だった。
    
    個別銘柄では、ファーストリテイリング        が約65円、ソフトバンクグループ
        が約39円、日経平均を押し上げる要因となった。前日に外需系の景気敏感株の
買い戻しが一服し、きょうは内需系が物色されているという。
    ソフトバンクグループは、同社が出資する米配車サービスのウーバー・テクノロジー
ズ        が公開価格の45ドルを初めて上回り、含み益に対する期待も広がった。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり892銘柄に対し、値下がりが1123銘柄、変わら
ずが112銘柄だった。
    
    
    
    <10:53> 日経平均は小幅高、円高を警戒 米・メキシコ交渉の様子見も
    
    日経平均は小幅高、2万0800円台前半で推移している。円高リスクが警戒され、
米国株が上昇した割に戻りが鈍いという。米国とメキシコの移民・関税問題を巡る交渉の
先行きを見極めようと、様子見ムードも広がっている。
    個別銘柄ではファーストリテイリング        、ソフトバンクグループ        が買
われ、2銘柄で90円超の押し上げ要因となっている。市場からは「先物主導の相場の中
、指数寄与度の高い銘柄が売買されやすい」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    
    
    <09:12> 日経平均は反落スタート後にプラス転換、上値追いには慎重
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比30円26銭安の2万0745円
84銭となり、小幅に反落した。その後は下げ幅を縮小し、プラス圏に転換している。前
日の海外市場は米国株の主要3指数が上昇したものの、フィラデルフィア半導体指数<.SO
X>や米WTI原油先物      が下落するなど強弱が混在した。上値追いには慎重だが、為
替が1ドル108円半ばで推移していることは安心感を誘っている。業種別では、空運、
情報・通信、陸運などが買われている。鉄鋼、石油・石炭、非鉄金属などは安い。
    
    
    <08:28> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い拮抗。ファナック<6
954.T>は売り優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        はやや売り優勢、三
井住友フィナンシャルグループ        は売り優勢、みずほフィナンシャルグループ<841
1.T>は売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below