June 21, 2019 / 1:13 AM / in 3 months

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、中国関連や半導体関連の一角は小じっかり

    [東京 21日 ロイター] - 
    <10:10> 日経平均は小幅安、中国関連や半導体関連の一角は小じっかり
    
    日経平均は小幅安、2万1400円台前半で推移している。来週の20カ国・地域(G20)首脳会議
に合わせて行われる米中通商協議への期待が下支えとなっているが、一段の上昇を試すにはエネルギーが不
足している。市場からは「中国関連や半導体関連の一角が強いので値を保っている。個別銘柄では物色に傾
向が出ていない。今まで買われたものに利食いが入り、売られていたものが買い戻されている」(国内証券
)との声が出ていた。
   
    
    <09:06> 日経平均は続伸スタート後にマイナス転換 円高が重荷
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比24円81銭高の2万1487円67銭となり、続
伸した。前日の米国株市場で主要3指数が上昇した流れを受けて小高く始まったが、その後、為替が1ドル
107円前半とドル安/円高基調となっていることが嫌気され、マイナス圏に沈んだ。業種別では、鉱業、
石油・石炭、海運などが買われている。半面、建設、空運、化学工業など安い。
    
    
    
    <08:31> 寄り前の板状況、主力株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        が売り買い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below