July 19, 2019 / 1:18 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、参院選後の株高を期待する向きも

    [東京 19日 ロイター] - 
    <10:16> 日経平均は上げ幅拡大、参院選後の株高を期待する向きも
    
    日経平均は上げ幅拡大、2万1300円台前半で推移している。前日の大幅安の反動で朝方から買い戻
しが入っている。半導体関連は大幅高。設備投資関連や電子部品関連も堅調。
    21日に投開票が行われる参院選については波乱なく通過するとの見方が多いが、一部に2016年の
ように参院選後の株高を期待する向きもいるという。16年は7月10日に投開票が行われ、自公連立政権
が圧勝。翌11日の日経平均は前営業日比で600円を超える上昇となり、その後も上値を伸ばした。
    市場からは「16年はトランプ氏が米国の大統領ではなく、米中貿易摩擦もなかった。日米貿易協議や
国内主要企業の決算発表への警戒が残る中、参院選後の株高再来はないのではないか」(国内証券)との声
が出ていた。

    
    <09:03> 寄り付きの日経平均は反発、前日大幅安の反動で
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比100円26銭高の2万1146円50銭とな
り、反発した。前日の米国株主要3指数が小幅上昇で取引を終えたほか、為替が早朝の水準から円安方向に
振れている。日経平均は前日に422円下落した反動もあり、買い戻しが先行した。業種別では、水産・農
林、証券、サービス、食品などが値上がり。不動産、鉱業、石油・石炭などが安い。
    
    
    
    <08:21> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        など主力輸出株が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        は買い優勢。三井住友フィナンシャル
グループ        、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below